冬が残る森

| コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_6015.jpg今年の冬は、雪が多かったです。積雪量よりも、雪を見る日数が多かったです。「もう雪はいらんな」というのがあいさつになっていたほどです。そんな2008年ですが、さすがに3月に入ると、雪を見なくなり、ぽかぽかと暖かくなってきました。

そんな春の日、森歩き、スタート。山神閣から赤い道を通って、不動橋へおります。

IMG_6024.jpgここは北側の斜面にあたり、午前11時でも、霜柱が健在です。それほど寒くないし、歩いているとぽかぽかしてくるぐらいなのに、不思議です。
IMG_6026.jpg道の脇には、ところどころ、雪が残っています。暖かいのに、どうして溶けないのでしょう?
暖かいから溶けてこのぐらいになった?
暖かいようでも雪のある地面は冷たい空気がたまっている?
IMG_6029.jpg山から湧いた水があちこちにありますが、よくみると、つららが・・・
IMG_6028.jpg紫の道への入口です。不動橋は目の前。
IMG_6033.jpg不動橋を渡って、不動滝の上へ向かいます。川が岩盤を見せ始めたところ。日差しはすっかり春です。
IMG_6032.jpg不動滝の頭の上です。まだ木々は裸のままで、秋の落ち葉がじゅうたんとなっています。それでも、木々には、新芽が萌しています。
IMG_6047.jpg緑の道を上がり、山神閣へ戻ります。心地よい汗をかきました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://souraku.net/mt/mt-tb.cgi/47

コメントする

このブログ記事は

このページは、momoが2008年3月 6日 19:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食べたらみんなで森歩き」です。

次のブログ記事は「松枯れの観察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

すべて