積水化学グループ様のモデルフォレスト活動(午後の部)

| コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_6951.jpg積水化学グループの皆様が一生懸命作業している時に、除伐で出てきた柴を燃料として、昼食をつくりました。右の写真は4升の米を炊いたところです。ご飯は、4升を2釜、つまり8升(80合)炊きました。もちろん、童仙房の米です。
IMG_7061.jpgそして、大釜で、シシ汁です。具は、すべて童仙房でとれた野菜です。イノシシも童仙房産です。
作業を終えた積水化学グループの皆様、おなかぺこぺこだったようで、たくさんたくさん食べてくださいました。
IMG_7066.jpg環境に配慮して、マイお椀、マイお箸、マイカップ持参です。ゴミは何一つでません。細かい点まで、環境保全を心がけています。自分たちが手がけ、明るくなった森での昼ご飯。そして、地域の食材をご賞味いただくのもまた、地域にとってはありがたいことで、立派な社会貢献活動です。
IMG_7081.jpg食事の後は、森の働きについて、お話を聞きました。自分たちがやったことが、どういう意味をもっているのか、確認します。そしてそのことが、活動を継続させていくためのモチベーションとなっていくはずです。
IMG_7101.jpg仙の森のすぐ近くの茶園へ移動し、地域の茶農家から、お茶づくりについて、話を聞きました。童仙房は、宇治茶の産地であり、いたるところに茶園が見られます。しかし、都市住民にとっては、毎日飲むお茶がどのようにしてできていくのか、ピンと来ないでしょう。興味をもって、聞いておられました。
IMG_7105.jpg茶園から、高麗寺駐車場まで、歩いて戻ります。咲きかけた桜が、皆様を歓迎しているようです。高麗寺駐車場で、解散となりました。積水化学グループの皆様、お疲れ様でした。
IMG_7112.jpgさて、積水化学グループ様のご活躍で、仙の森がどう変わったかというと・・・
密集していた木が、整理され、すっきりしています。足もとの笹もなくなりました。
IMG_7113.jpgまもなく、木々は新しい芽を出し、ぐんぐんと葉を茂らせるでしょう。昨年までは、葉が茂り出すと、日光をさえぎってしまい、木々が生長できずにいました。今年は、残った木が大きく育ち、様々な草木が新しく生え、花も実も豊かになっていくでしょう。
IMG_7125.jpg植樹も、皆様の願いを受けてすくすく育っていくよう、保護してあります。
IMG_7128.jpg最後に、社員さんが数名残り、使った道具の手入れをしました。自然を愛することは言うまでもありませんが、道具を大切に使い、道具に感謝を忘れない姿勢は、積水化学グループ様の企業精神のあらわれだと思います。仙の森も、すばらしい企業様に出会えたことを、喜んでいることでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://souraku.net/mt/mt-tb.cgi/57

コメントする

このブログ記事は

このページは、momoが2008年4月13日 23:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「積水化学グループ様のモデルフォレスト活動(午前の部)」です。

次のブログ記事は「がっこうの森をつくり隊 階段完成!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

すべて