勉強しないという勉強

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年の春から、ゴン太は小学生です。

ホームスクーリングというのは、「学校に行かない」のではなく、「別の学校へ行っている」のです。けっして、教育をしていないわけではありません。むしろ、学校ではできないような、教育をしていくことにこそ、意味があります。
学校というのが何であるか、なぜ学校でない学びを選択したか、小学校進学時に、ゴン太としっかり対話をするよう心がけています。

さて、4月から、子どもがいやがらないように気をつけながら、基礎体力作りをしています。
絵本の書き写しはやりにくそうになってきたので、昔話を薄く原稿用紙に印刷して、鉛筆でなぞるようにしました。算数は、1桁の足し算・引き算を毎日25問(私がExcelで自動作成)。この2つは、私がPCで教材を作成しました。ただし、勉強することを強制はしていません。

春頃、勉強をいやがった時期があり、勉強させようとしたら絶対に逆になるので、勉強させたいときにはその逆をやった方がいいと考えました。「安全に必要なのは危険であり、健康に必要なのは毒である」の発想です。ゴン太に、「勉強することが大事だということを勉強するために勉強しないということをやってみるのも勉強のうちだから勉強するのをやめてみなさい」と言ったけど、さっぱり意味がわからない様子です。3回同じことを言ってみました。けどやっぱりわからなかった・・・。

ゴン太は、一生懸命考えて、「勉強してはいけない」というふうに理解したようです。私の言葉は「勉強禁止令」へとすり替わっていきました。勉強してはいけません。本を読むことは勉強ではない。図鑑を見ることは勉強ではない。虫を観察することは勉強ではない。と、ゴン太は無理に自分で言い聞かせていました。

そのうち、どうも、勉強と勉強でないこととの区別が難しくなってきて、勉強しないでいることが意外と難しいと、おかしな事態になってきて、勉強しないことをギブアップしてしまいました。

勉強禁止?後1カ月ほどで、禁止令解除。それからしばらくは、すいすいと勉強しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://souraku.net/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする