わが家の子育ての最近のブログ記事

不登校が「不登校問題」であるのは、複雑であるように見えて、実に単純です。「学校へ行かないといけない」という金科玉条が根源です。「学校へ行かないといけない」が真実なら、学校へ行っていない状況は誤りであり、正すべきです。多くの人はそう思っているようです。

が、「学校へ行かないといけない」をちょっと追求してみると、その根拠はないことに気づきます。むしろ、現状の保守勢力は「自己責任」を拡大しており、教育基本法改正においても、自己責任の拡充が企図されていることは明らかです。家庭、地域社会を成り立たせていくには、自己の責任なくしてはありえないことです。かたや、格差是正が言われています。私はそれを、「自己責任を全うし得ない人をどう救済するか」という文脈に置き換えてみています。

さて、不登校問題にもどりますが、不登校問題の解決は非常に困難とみなされながら、実は非常に容易であると見ています。すなわち、「学校へ行かないといけない」という前提をはずせば、即解決なのです。もっとも、不登校という現状は変わりません。大事なのは、学校へ行っていないというのが、「改善すべき問題」であるのか「単なる事象」であるのかということです。

ゴン太に対してホームスクーリングをしていて、何も間違ったことはしていないのに(むしろ政権与党からすれば奨励すべき?)、ひけめに感じる必要などは全くないのに、どこかしら配慮せねばならないうやむやが現存していることが、教育上の最大の問題ではないかと思います。

先日ゴン太は、野殿童仙房小学校跡地で行われた、あるセカンドスクールに参加しました。小学生が30人余り参加しています。その中で、田舎の子はゴン太1人です。さらにホームスクーリングはゴン太1人です。

自分が1人、際立っていることを怖れてはなりません。1人で立つことを怖れるなら、マスへの迎合を志向することとなり、それは20世紀型人生観です。幼い子どもだから、そうはいかんだろうという反論が出ることを想定しています。また、1人で立つことを親の無意識に強要しているのではないかという反論も想定しています。

ゴン太に、セカンドスクールで、学校に行っている子たちと自分で違いを感じたかと聞いたが、とくに感じなかったそうです。ただ、学校へ行っている子たちは、宿題をたくさんもってきたといいます。ゴン太は、たいへんだなあと思ったそうです。私が以前、「いやいや勉強しても身につかない」と言ったことを覚えていたし、「どんなことでも勉強だ」といったことも覚えていました。勉強とは何か、ゴン太は学びつつあるようです。

ゴン太は、大人が懸念する「集団に対する自己」を確立しています。もっとも、その裏打ちは、親の生き様に他なりません。ゴン太の「自己確立」には、私が生命を賭する責任を持ちます。

ところで、学校へ行かせている親たちは、子どもの成長に対し、「生命を賭する責任」をお持ちでしょうか? 私がこういう挑発的な問いかけをするには、そうでない親が多いと見えるからです。また、そうでない親ほど、学校や社会に不満をぶちまけています。

改善すべきは、まず自分です。そこには、他へ責任転嫁し得ない、自分の子どもへの愛情があります。世界中を敵にまわしてでも子どもを愛するのだという覚悟があります。その覚悟には、「親のプライドなどどうでもよい」ということも伴いますが。

今年の春から、ゴン太は小学生です。

ホームスクーリングというのは、「学校に行かない」のではなく、「別の学校へ行っている」のです。けっして、教育をしていないわけではありません。むしろ、学校ではできないような、教育をしていくことにこそ、意味があります。
学校というのが何であるか、なぜ学校でない学びを選択したか、小学校進学時に、ゴン太としっかり対話をするよう心がけています。

さて、4月から、子どもがいやがらないように気をつけながら、基礎体力作りをしています。
絵本の書き写しはやりにくそうになってきたので、昔話を薄く原稿用紙に印刷して、鉛筆でなぞるようにしました。算数は、1桁の足し算・引き算を毎日25問(私がExcelで自動作成)。この2つは、私がPCで教材を作成しました。ただし、勉強することを強制はしていません。

春頃、勉強をいやがった時期があり、勉強させようとしたら絶対に逆になるので、勉強させたいときにはその逆をやった方がいいと考えました。「安全に必要なのは危険であり、健康に必要なのは毒である」の発想です。ゴン太に、「勉強することが大事だということを勉強するために勉強しないということをやってみるのも勉強のうちだから勉強するのをやめてみなさい」と言ったけど、さっぱり意味がわからない様子です。3回同じことを言ってみました。けどやっぱりわからなかった・・・。

ゴン太は、一生懸命考えて、「勉強してはいけない」というふうに理解したようです。私の言葉は「勉強禁止令」へとすり替わっていきました。勉強してはいけません。本を読むことは勉強ではない。図鑑を見ることは勉強ではない。虫を観察することは勉強ではない。と、ゴン太は無理に自分で言い聞かせていました。

そのうち、どうも、勉強と勉強でないこととの区別が難しくなってきて、勉強しないでいることが意外と難しいと、おかしな事態になってきて、勉強しないことをギブアップしてしまいました。

勉強禁止?後1カ月ほどで、禁止令解除。それからしばらくは、すいすいと勉強しました。

子どもに対して、させてはいけないことと、あまりさせない方がいいことがあります。
親の主観にもよりますが、ゲーム、テレビ、ビデオ、マンガ、といったエンターテーメント系、インターネット、携帯、パソコンといった情報系、アダルト系、反社会系、危険系など。
こういったものは、子どもの精神面がゆがめられるおそれのある毒系と、子どもの生命や身体が脅かされる恐れのある危険系とに分けられそうですが、私は、いずれにせよ、毒や危険を排除しすぎるとかえって危ないと思っています。かといって、無防備なのもいけませんが。

毒は薬に通じ、危険は安全に通じます。
子どもに性を大切にして欲しいが故に、性をタブー視せず、赤ちゃんがどこからどうやって産まれるか、ということをリアルに解説した絵本を与えています。7歳のゴン太も、4歳のチャコも、2歳のリリコも、興味津々です。親は、冷や汗です。「パパとママもこうするの?」という質問が来たらどうしよう・・・
でも、不思議なことに、子どもたちはそう尋ねません。わかっていて遠慮しているのか、聖域だと感じているのか、なんとも微妙ですが。
子どもたちには2歳になると、専用パソコンを与えています。幼児にPCを与えることには是非が分かれそうですが、毒にもなりうるからこそ、与えています。(そのかわり、親がとことん導いていける自信を伴いますが)
ジャンクフード、夜更かし、ビデオ、いずれも否定しません。それが普通となっては困りますが、禁止すればなおのこと子どもは興味を示すでしょうし、毒とのつき合い方を学習できません。

危険についてもそうです。私は、あえて子どもたちに危険を与えます。最近の、都市での子どもを巻き添えにする犯罪は、子どもがどうすることもできないので、与えるべき危険とは思えませんが、幸い田舎では、その点、マシです。むしろ、田舎での危険とは、マムシ、蜂、転落、ケガなどです。これらを排除してはいけません。身を守る術を学習させねばなりません。

安全に必要なのは危険であり、健康に必要なのは毒である。私の持論です。すると、勉強に必要なのは・・・

2010年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pages

  • pages
  • private

アーカイブ

すべて