» 2007 » 10月 » 18のブログ記事

s-IMG_3479.jpg 不動山へ行きました。
今まで歩いてきた山神閣の山とは、川向かいです。
不動山は、そのふもとを、牛場川(不動滝上流)、不動橋、不動滝、不動渓谷、和束渓谷がぐるっとまわっています。

今日は、不動分れから入りました。すぐに、茶畑が広がっています。大きな畑です。わりと急な斜面にあります。
s-IMG_3483.jpg茶畑には、大きな扇風機がついています。
これは、暑いときに涼むためのものではもちろんなくて、5月の新茶の収穫の直前に、新芽が遅霜にあたらないようにするための防霜ファンです。
風で霜を吹き飛ばすのではありません。
どんな地形でも、地上6メートルに、暖かい空気の層があり、その暖かい空気を地上へ降ろして、霜をおさえるのです。4-5月にかけて、気温がさがるとセンサーが作動してファンがまわります。
s-IMG_3487.jpgこの茶畑のわきを登っていきます。
茶畑じたいが高いところにあり、周囲の山々が目線に見えます。
茶畑の中腹で、山に入り、尾根を登ります。
s-IMG_3503.jpg右の写真、狭い尾根を歩いています、両側が、すとんと落ちています。
不動山は、わりとこういう道が多いです。
植林はあまりなくて、ほとんどが雑木です。
s-IMG_3526.jpg「重いやんけ! もたれなはんなや!」と、松が言いたげです。
となりの松が枯れて倒れ、生きた松に寄りかかっています。
s-IMG_3541.jpg茶畑の裏を最高峰として、あとはだんだん下っていきます。
小さなアップダウンをくりかえしつつ、ゆるやかに下っていきます。
右の谷は、不動滝へ出る沢です。
左の谷は、牛場川へおりています。
その真ん中の背を、下っていきます。
最後は、不動橋へ出ます。
所要時間、約40分。
山が違うと、道の雰囲気も違います。
今日も心地よい汗をかきました。

IMG_3555.JPG今年は残暑が長引いて、秋が遅めだったけど、山が少し黄色や赤に染まってきました。
どんなに厚くても、ちゃんと季節はめぐってくるもんです。
IMG_3553.JPG

昨日、踏査した渓谷を、マップにしてみました。赤い線がロープ設置箇所ですが、当然ながら、ここは危険箇所です。じゅうぶん気をつけてください。
このエリアは、全くの自然であって、国立公園でもないし、入場料を取って管理しているエリアでもありません。
歩くのはかまいませんが、自然を甘く見てはいけません。
元来、滝は神聖な場所です。自然に対する畏敬の念をもって、大いなる自然を満喫してください。

canyon_map.jpg

カレンダー

2007年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031