» 2009 » 4月 » 21のブログ記事

窯を作る地球温暖化対策のためにも、生物多様性のためにも、地域活性のためにも、とくに自然林を対象とした森林整備は大切ですが、整備したあとには、切った木や刈った草が大量にでてきます。これらを活用できなければ、活動そのものの価値がなくなってしまいます。
そのために私たちは1年あまりも試行錯誤と研究を重ね、炭焼きという結論に到達しました
炭は、燃料のためではなく、畑に入れるためです。だからこそ、木の種類を問わず、全量活用が可能となります。しかも、重機を使って効率的に炭焼きをできます。

そのための、窯作り。重機を使うためには、鉄製でないとダメです。鉄板を組んで大きな窯を自作。

窯、完成こんな感じにできあがりました。この窯、上があいています。天井がありません。上から材料を投入します。これだけでも、「非常識」な炭窯です。
今の時代は、非常識こそ、重要なのです。

窯の内部窯の内側から外を見るとこんな感じです。口が狭くなっているのは、材料を出し入れするためではなく、焚き物(柴)をくべて、そのあと蓋をするためです。

窯の全景窯の全景はこんな感じです。黙っていたら、炭窯には見えないでしょう。角パイプは煙突です。

カレンダー

2009年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930