» 2009 » 7月のブログ記事

積水化学グループ様の今年度第2回モデルフォレスト活動です。午前中、保全活動です。厚い中、一生懸命木を切り、草を刈ります
保全活動 保全活動


子どもたちは、おとなが保全活動をしている横で、湿地を利用し、トンボが住む池をつくろうと、計画しました。
子どもたちが池作り 池


この池に「トンボ池」と名付け、子どもたち自身が、看板を作りました。集合写真でも、前列にお披露目です。
看板作り 集合写真


トンボ池そして看板を池に設置。お昼ごはんの時間を大きく過ぎていましたが、子どもたちが、最後までやりとげたいと強く希望し、大人たちよりごはんを遅らせて完成させました。

昼からは、檜の間伐材を切り出して、皮をむいてそろえました。これで、次回、ベンチを作ります。これから2ヶ月かけて、乾燥させます。

間伐 皮むき

ブランコがっこうの森をつくり隊、今日は少数精鋭?です。というか、子どもたちが中心。
ブランコで遊ぶ姿がほほえましいですね。このブランコ、わりと難しいです。公園の遊具とちがって、不均等な木の幹にぶらさげ、座る部分もまっすぐでない自然の木ですから、こいでもまっすぐには動きません。バランス感覚が必要です。

テント子どもたちは、テントで遊ぶのが大好きです。家なのか、基地なのかは知りませんが・・・

キムチ焼きそば昼食は、やきそば。しかも、仙菜韓のキムチをつかった、キムチ焼きそばです。

温泉?子どもたち、川の中にお風呂をつくりました。「温泉」と言っています。温かくはないですけど・・・


5人で入浴?この「温泉」に、5人で入ろうとしています。ちょっと無理ちゃう?

兄妹兄と妹で。妹の水着デビューでもあります。「いいお湯か?」「うん、気持ちいい~」ってさ。

弁当デンマークで始まった森の幼稚園、園舎をもたず、森の中で保育をするスタイルが子どもの成長に非常に良い影響を及ぼすとのことで、世界中に広がり、日本にも森の幼稚園がいくつかできています。
大阪にも「どんぐり」という森の幼稚園があります。その幼稚園が、日帰りで仙の森へやってきました。
11時ごろ森へ到着し、ちょっと遊んで、お弁当。

滝へ午後、滝へ行くかと誘えば、みんなついてきました。小さくとも、かれらは、プロ!

ロープロープをたどっておりるところも、おとなの手助けなしに、すたこらさっさ。

はしごはしごも、へのかっぱです。念のためいいますが、かれらは幼稚園児です。

不動滝この滝は、さすがに大阪市内にはないでしょう。きゃっきゃと喜んでいました。

滝の前でみんなで集合写真。幼いけど、たくましい子たちです。都会に住んでいるから必ずしもひ弱だとは限りません。

おやつ帰りもなんてことなしに登り、ちょっとお散歩してきたとでもいわんばかりに平然と、おやつ食べてます。

かにカニつかまえたの?
はさみが片っぽないじゃないの。カニのはさみはなくなってもまた生えてくるからいいよね。でも、君たちの手や足はそうはいかないから、元気に、気をつけてね。

カレンダー

2009年7月
« 6月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031