» 森を楽しむのブログ記事

s-IMG_4662.jpg今日は、都市から7人、遊びに来てくれました。みんなでいっしょに、ご飯を炊いてみましょう!!
1升5合(15合)です。
s-IMG_4677.jpgみなさん、薪を燃やすのがおもしろいようで、あっちからもこっちからも手が伸びています。そういえば、都市では、木を燃やすなんて、なかなかできなくなりましたからね。
s-IMG_4698.jpgおつゆも釜でつくってみました。シシ肉を使った、シシ汁です。
s-IMG_4705.jpgはい、炊けました。素人(失礼)とは思えないできあがりです。
s-IMG_4707.jpgおつゆもほらね、おいしそうでしょう。
s-IMG_4716.jpg釜で炊いたご飯、ほんとにおいしかったです。みんな、たくさん食べました。

s-IMG_4603.jpg11月12日に、釜を乗せる台を製作したことを記しました。
今日は、この釜で試しにご飯を炊いてみました。この地域でも、最近ではみんな炊飯器を使うようになって、釜でご飯を炊くなんて、特別なことでもない限りはありません。はたして、うまく炊けるでしょうか。
s-IMG_4610.jpg台のまわりを大きめの石で囲みます。かまどです。
s-IMG_4635.jpgそれでは、いよいよお米をセット。大きな釜ですが、とりあえず、5合だけ。
s-IMG_4637.jpgはじめチョロチョロ

弱めの火で釜を温めます。
s-IMG_4644.jpgなかパッパ

強火で一気に炊きあげます。蒸気が吹き、蓋の横から吹きこぼれます。
s-IMG_4647.jpgじゅうじゅう吹いたら火を引いて、赤子なくとも蓋とるな

吹きこぼれがおさまってくると、燃えている薪をとりだして、火を弱めます。さらに、10分ほど蒸らします。
s-IMG_4650.jpgなんと、おいしく炊けたではないですか!!

s-IMG_3937.jpg不動滝の中腹ぐらい、滝に向かって右側、つまり、ロープで下りるのと反対側に、不動明王の磨崖仏があります。
それを見に行こうと思ったら・・・

だれや!!木で知恵の輪してんの!!
s-IMG_3910.jpgそこから滝へ近づくと・・・
おー!!豪快な落ちっぷり(?)ではないか!!
s-IMG_3927.jpgそして、この岩盤に不動明王が彫られています。
右の写真のちょうど中心部です。
右手に剣を持っています。
この磨崖仏は、いつ彫られたのか、定かではありませんが、相当古いようです。戦時中は、必勝祈願の参拝が多かったそうです。

カレンダー

2018年8月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031