» 森歩きのブログ記事

s-IMG_3635.jpgわが家一家が、赤い道(山神閣~墓地)を歩きました。
この道が、最も歩きやすく、急な坂もほとんどありません。
山神閣まで車で行けますし、墓地へも車で行けます。
つまり、スタート地点とゴール地点は車でいけるということです。
しかも、この区間、所要時間はゆっくり歩いて20分程度で、ちょうどよい「お散歩」です。
s-IMG_3634.jpg7歳の長男は、何かと目につくもので遊びます。
木の実、葉っぱ、虫、クモ・・・
倒木にもまたがって、乗り物のつもり?
s-IMG_3649.jpgちょうど中ほどで、見晴らしのいい場所があります。
この写真でわかるように、妻は妊婦で、妊娠7ヶ月です。
無理は禁物ですが、体調は安定しており、本人が山歩きを熱望しています。
このコースは、妊婦でも無理なく歩けます。
s-IMG_3663.jpg木漏れ日が差しこみ、とても気持ちの良い散歩です。
足もとの落ち葉のじゅうたんも、ふんわりした歩き心地です。
コンクリートやアスファルトとは明らかに違って、足腰に負担が少ないです。
s-IMG_3652.jpg木の実をみつけ、「何だろう?」とのぞき込んでいます。
長男は7歳、長女は4歳、次女は2歳です。
妊婦も幼児も難なく歩きます。
s-IMG_3684.jpg目の前に、墓地が見え、ゴールです。
妻は、まったく疲れなかったと言いました。
子どもたちは、「おなかすいた!!」と、はしゃぎました。
高麗寺の高台で、おにぎりを食べました。
s-IMG_3479.jpg 不動山へ行きました。
今まで歩いてきた山神閣の山とは、川向かいです。
不動山は、そのふもとを、牛場川(不動滝上流)、不動橋、不動滝、不動渓谷、和束渓谷がぐるっとまわっています。

今日は、不動分れから入りました。すぐに、茶畑が広がっています。大きな畑です。わりと急な斜面にあります。
s-IMG_3483.jpg茶畑には、大きな扇風機がついています。
これは、暑いときに涼むためのものではもちろんなくて、5月の新茶の収穫の直前に、新芽が遅霜にあたらないようにするための防霜ファンです。
風で霜を吹き飛ばすのではありません。
どんな地形でも、地上6メートルに、暖かい空気の層があり、その暖かい空気を地上へ降ろして、霜をおさえるのです。4-5月にかけて、気温がさがるとセンサーが作動してファンがまわります。
s-IMG_3487.jpgこの茶畑のわきを登っていきます。
茶畑じたいが高いところにあり、周囲の山々が目線に見えます。
茶畑の中腹で、山に入り、尾根を登ります。
s-IMG_3503.jpg右の写真、狭い尾根を歩いています、両側が、すとんと落ちています。
不動山は、わりとこういう道が多いです。
植林はあまりなくて、ほとんどが雑木です。
s-IMG_3526.jpg「重いやんけ! もたれなはんなや!」と、松が言いたげです。
となりの松が枯れて倒れ、生きた松に寄りかかっています。
s-IMG_3541.jpg茶畑の裏を最高峰として、あとはだんだん下っていきます。
小さなアップダウンをくりかえしつつ、ゆるやかに下っていきます。
右の谷は、不動滝へ出る沢です。
左の谷は、牛場川へおりています。
その真ん中の背を、下っていきます。
最後は、不動橋へ出ます。
所要時間、約40分。
山が違うと、道の雰囲気も違います。
今日も心地よい汗をかきました。

IMG_3555.JPG今年は残暑が長引いて、秋が遅めだったけど、山が少し黄色や赤に染まってきました。
どんなに厚くても、ちゃんと季節はめぐってくるもんです。
IMG_3553.JPG

カレンダー

2018年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031