相楽ねっと モモとナナの日記

2004年10月

(2004.10.27)
ドラマか現実か  (モモ)

いまね、「24 シーズン」にはまってるんですよ。
めっちゃおもろいんですわ。
ほとんど中毒ですわ。
ナナもかなりストーリーが気になるようで。

テロとか、陰謀とか、かなり今の世界情勢を意識させる内容で、実話かドラマか区別しかねるほど。

ところで、「シーズン2」はロサンゼルスが核テロの危機に瀕する話だけど、下のurlに天木さん(国の中東政策を批判して首になった外務官僚)が、ブッシュ政権のテロ戦略の間違いを明確に指摘しています。
ドラマはドラマでなくちゃあきまへん。

http://amaki.cocolog-nifty.com/
このブログの2004年10月26日「ブッシュ政権の本当の危険性」



(2004.10.26)
えらいことです  (モモ)

台風23号で京都府北部、兵庫県北部がどえらい被害を受けた直後の新潟中越地震。
えらいことです。
火山もあちこちで噴火してるし、人間もすっかりおかしくなってるし。
なんか、滋賀県南部も地震の静穏化が続いているようだし。
地震と言えば、原発も怖いです。
東海地震の震源上に立てられている浜岡原発。
新潟中越地震では、阪神大震災の倍近い揺れだったとか。
人間の計算を、ときおり自然は上回り、そのたびに「想定外の・・・」が繰り返される。
原発に「想定外」は許されないと思うのだけど・・・

昨日、「東京原発」をDVDでみました。
話題の作品、ようやく見ることができて、よかったです。
http://www.genpatsu.bsr.jp/

おもしろくて深い作品ですよ。
万事解決したはずのエンディング、あれ、どうなるんでしょうね?
どかーん?
どこまでいっても安心できない原発。
どうして世界の原発の5分の1、52基が日本にあるの?



(2004.10.16)
どうしたの?(ナナ)

今日昼過ぎ頃、ふっと家の外を見ると目の前に大量のミツバチの群れが羽音を響かせながら飛び回っていました。

びっくりしたので、モモをよんでしばらく様子を見ていると、家の目の前のスモモに木のある場所に一斉に集まってきて、塊を作っているではありませんかー!!!

何事?地震のまえぶれ?なーんってトンチンカンなことを思いつつ、ネットで調べてみたら、「分蜂」による「団垂」という現象であることが判明(←でも蜂マニア以外の人には、いったいなんのこっちゃってかんじ)。秋には珍しい現象のようです。

ネットにも書いてあったのですが、『早くて30分、遅くて数日でいなくなる』とあったのですが、本当に30分くらい経つと跡形もなくいなくなっていたので、再びビックリ。

自然ってすごいんだな〜(◎-◎;)



(2004.10.15)
土産話(ナナ)

先日、約1週間あまり、実家に帰ってきました。
1年ぶりの帰郷でしたが、少しばかり都会の生活を楽しんできました。

実家は住宅街にあるマンションなんですが、
マンションから歩いて30秒のところにドラッグストアがあったり(もちろん、徒歩5分以内にコンビニもあり)、
歩いていける範囲内のスーパーのうち2店舗で24時間営業になっていたり、地球環境にはあまり優しくないであろうけど、
随分便利になっているんだな〜と改めて感心しました。

都会に住んでいた時は思わなかったけれど、都会は誘惑?が多い分、お金もかかるだろうし、買わなくてもいいものまで余計に買ってしまうんだろうな〜。それに久しぶりの人混みはとっても疲れました。満員電車(というか、土日でも割合と混んでいた)も久しぶりに乗ったけれど、知らない人が間近にいるのって、随分とストレスになるんですね〜。。なんか、気持ち悪くなってしまった自分にビックリ。

天気は雨続きであまりよくなかったのですが、
合間の晴れた日にゴン太とチャコとジジババとともに、上野動物園に行ってきました。
ゴン太はパンダさんよりも、ライオン・虎・象・キリン・ゴリラ・テナガザル、、、なんかをとっても喜んで見てました。
けっこう広くって(関西だと天王寺動物園と同じくらいかな??)、お弁当もって行ったら、一日遊べるんじゃないかな〜と思いました。動物園周りも上野公園とか不忍池とか美術館とか、東京でも緑が多くて雰囲気もよかったです。



(2004.10.12)
都会の台風と、田舎の台風  (モモ)

こないだの台風22号のとき、関東にいたのだけど、東京近辺の人たちって、自然災害に対する関心のありかたが間接的のように見えます。
明らかに台風が、それも史上最大のごついやつが来てるって、あんなにやかましく言われているのに、平然と遊びに行く人の多いこと。
山で暮らしていると、大雨が降ったら茶色い水がどうどうと流れるし、強い風が吹いたら木々がゆれるし、自然の動きが感覚的にとらえられ、「危険なレベル」が本能的にわかります。
都会では、コンクリートが風で揺れることもないし、大水は地下へ流れさるだけ。
いまいちピンときません。

たしかに、あれだけの猛烈な台風でも、規模の割に被害は小さく、文明の勝利だと思います。

それでいいのかどうかは、ちょいとわかりかねますが・・・

都会の災害って、「あるレベル以下」だとほぼ何事もなく、「あるレベル以上」になると、いっきに崩壊し猛烈な被害が出るといった形になりそうです。ゼロか、イチか。まるでデジタルですな。



(2004.10.05)
骨髄移植  (モモ)

最近、骨髄移植関係のリンクからやってこられる方が多いです。
ドラマの影響でしょうか。
ときどき、メールも頂きます。
私は1999年にドナーとして骨髄を提供させて頂きましたが、ほんとうにこれは偶然であって、希望してドナーになれるものでもありません。貴重な経験だったと思っています。
1人でも多くの方がドナー登録されることを願うわけですが、同時に、ドナーの負担(検査等の通院、入院期間、休業補償)などが軽減されるとドナーになる人も増えそうに思うのですが・・・



admin
build by HL-imgdiary Ver.1.25