相楽ねっと モモとナナの日記

2005年10月

(2005.10.17)
希望に満ちた時代  (モモ)

あまりに悲観論が多い。
今、時代が劇的に変わっている最中にいるという意識を持つ人と、持たない人の差が、あまりに大きい。
「変わる」ということは、「今までの事柄」が崩壊し、衰退し、消えていくことに他ならない。しかし、同時に「新しい事柄」が急速に芽生え、成長していく。
「今まで」の視点で世の中を見るなら、今は悲観しかない。「これから」の視点で見るなら、今は夢と希望に満ちている。

「今まで」の視点を持つ者が負け組で、「これから」の視点を持つ者が勝ち組と言ってもいい。勝ち負けは、競争ではなく、いくら稼ぐかでもなく、夢と希望をつかめるかどうかだ。
これからの教育に必要なのは、勝ち組に入るための基礎作りだ。その第一条件は、自立だ。夢と希望がなければ、自立はできない。



(2005.10.07)
ぐるとん  (モモ)

日記がしばらく途絶えていました。
この春から、新しい事業に挑戦中ですが、とくにここ2カ月は、対外的・公的な動きを活発にしています。事業について、当面Webでの公開を避けてきましたが、少しずつWebを作成中です。
http://www.guruton.jp/

発酵を基本として、農業、畜産、地域振興など多岐にわたるもので、発酵技術以外はゼロからの構築です。
それにしても、バイオミミクリ(自然に学ぶ技術開発)は楽しいものです。発酵についても、教科書通りというわけにはいかず、日々、発見の連続です。こういう仕事、やりたかったんですよ、ずっと前から。



admin
build by HL-imgdiary Ver.1.25