相楽ねっと モモとナナの日記

2006年02月

(2006.02.21)
格差社会  (モモ)

格差社会が問題になっているけど、そんなに悪いことかなぁ?
 いま、日本の国は、規制緩和と構造改革が進められ、地方は衰退が進んでいます。しかし、ほんとうに地方はこの先希望がないのか、今一度たちどまって考えてみる必要があると思う。
 いままで我が国では、だいたいのところを国や行政がお膳立てし、住民はそれにしたがって生きていけばそこそこの暮らしができたものだけど、今の時代は、規制がゆるくなった分、選択肢が増えたわけで、Aの道をとるか、Bの道をとるか、さてまた道なき道を開拓するか、自分が選ぶことができる。1本しか道がないなら、それを進むだけだけど、3本あれば、自分が自由に選べてしまう。しかし、自由であることは同時に、リスクも伴うのはとうぜんで、道を選んだことの結果は、良いものであれ悪いものであれ、すべて、自分の責任に他ならない。
 いままでは考えなくても良かった「リスク」というものを、これからは積極的に考えていかねばならないのではないかな。リスクから逃げるなら、どの道をも選べないことを意味するし、希望を失うことと同じだ。希望をしっかり持つには、リスクを恐れてはいかん。
 私は、希望を持ちたい。そのためには、自己責任とリスクを恐れない発想の転換が大切。
 希望格差社会なんて言葉もあるが、希望格差社会においては、私は圧倒的な勝ち組だ!!



admin
build by HL-imgdiary Ver.1.25