相楽ねっと モモとナナの日記

2006年09月

(2006.09.11)
ほらね、秋でしょ  (モモ)

写真は萩の花です。
稲刈りもぼちぼち始まりました。
都会に住んでいた頃は、秋というと、無性にもの悲しい思いがしていましたが、童仙房へ来てからは、そんなこと、なくなりました。
秋というと、実りと恵みですね。
自然ていうのは、四季それぞれが、いいもんです。
田舎暮らしブームがますます加熱しているみたいだけど、田舎暮らしにあこがれる人ほど、雪はかなわんとか、寒いのは苦手だとか、ヘビはかんにんとか、虫はあれだとか、そういうこと言いますね。
自然というものは、克服しようとしちゃだめだ。
仲良く、ながーーーーーーーいおつきあいをしていくものだ。
人間だって、自然の一部だからさ。



(2006.09.03)
いつものように、秋  (モモ)

童仙房では、お盆を過ぎたらだいたい秋です。朝晩、涼しくなり、赤トンボがいっぱい飛んで、萩が咲きます。
そして、田んぼがいっきに黄色くなります。
8月末〜9月上旬にかけて、稲刈りです。9月下旬には暖房が欲しいほど肌寒くなります。気温の低い日が続き、長雨が続いた今年も、ちゃんとその季節にはその季節がめぐってきます。
いや〜、自然て、ほんまに神秘です。



admin
build by HL-imgdiary Ver.1.25