Home 検索 管理室
未整理の過去ログ 整理された過去ログ
ナナのつれづれ雑記(日々、思うこと)

育児真っ最中のナナより


  最近の1歳3ヵ月リリコの様子
Date: 2007-01-08 (Mon)
パパが仕事から帰ってくるととても喜んで「パパ、パパ」と言って出迎える。

食事の時、自分も箸を持ちたがる。歯磨きもすすんで自ら歯ブラシを持ちたがり、ちょっと危ないくらい。

お外に行きたがる。兄姉のマネをしたいのか長靴をはきたがるので購入。でも雪は苦手らしい。

オシッコをカーペットの上に漏らしてしまった時、自分でタオルをもってふく。おむつの中にウンチをしたとき「ウンチした?」と聞いたら、「ウンウン・・」と教えてくれた。

食事の後片付けの手伝い、食器洗いもしたがる。

大抵男の子と間違われていたのに、少しは女の子っぽくなってきた。

  2006年12月、チャコの3歳児健診
Date: 2007-01-08 (Mon)
チャコの3歳児健診にいってきました。
3歳児健診といっても、うちの村の場合、
厳密に言うと3歳3ヵ月から3歳8ヵ月の子が対象です。
(ちなみに今回はチャコを入れて9人でした。。)
いちおう身体測定・内科・歯科・視力・聴力・知力?をみてくれます。

チャコには健診の知らせが来てから
「今度健診に行くよ」と知らせていたんだけれど
その時からもう「やだ〜いかな〜い(;.;)」という拒否ぶり。
理由はおなかをみられたくなーいと内科健診を特に怖がっていたのか
??よくわかりませんが。

今日も、でかけるよ〜と朝から行っていたんだけど、
「おなかみる?みない?チャコ、行かな〜い!!」
と随分言っていたんだけど、私とゴン太で無理やり説得して
連れて行きました。
(まあそこまでして健診受ける必要もないような気もするけれども、
内科とか歯科とか視力とかわざわざ専門のところに行って
調べる機会の方が手間がかかるし、一度に見てもらえるなら
みてもらっていた方がいいかな〜と思っていたので。)

会場につくとすでに最後の方。
名前を呼ばれて身体測定から・・というかんじでした。
がーーーー、
やはりというか案の定というか、
まず身体測定でパンツ一枚にならないといけないのが
気に触ったのか「いやだいやだいやだ〜(T.T)」の号泣。。。
私がしばらく「なんでイヤなの?裸になるのがイヤなの?はずかしい?怖くないよ・・」
といろんな言葉で説得してみるもダメ。
しまいには、最後に・・・とまわされ、、、、

それでも説得に応じない姿勢のため、
保健師さんのほうから
「いやがるのをむりしてまではかるものでもないし、むりしてまですることないからもう(説得するのは)いいよ。3歳のこの時期だからこそ、『イヤだ』って感情がでてくるんだし、ちゃんと言えるんだよ。『イヤだ』って表現できるのえらいよ」と声をかけてくれました。

たしかにね〜
私も内心は『知らない人たちの前でパンツ一枚になっていろいろと調べられたり
するのははずかしいし、嫌なモノはわけもなくイヤなんだろうなぁ〜・・』
なんて思っていたので、保健師さんに止めてもらえてよかった♪

それにしてもこんなに拒否をしめしたのが、チャコだけだったのが
不思議というか、なんというか・・・。
もっと人数いたらこんな子も何人かいるんだろうけど、
9人中1人だけだと目立つわけですよ・・・(;^_^A アセアセ…

が、その後の健診はそれなりに受けることができました。

歯科健診では、歯のかみ合わせを見て、歯科医に
「指しゃぶりしてる?」と一発で当てられて・・っていうか
わかって当然みたいで・・・(苦笑)
「4歳までにやめたら永久歯は普通に生えてくるけれども、
5.6歳になっても辞められなかったら永久歯も出てくるよ。。」
と言われてしまいました。

そんなことをモモさんが家に帰ってきてから報告してたら、
なんとチャコ、今日からぬいぐるみさんたちと寝る・・
と言って、今まで何度言っても辞めなかったお気に入りのタオルもなしに
指もしゃぶらずに寝てました。。。。父と母感動(;.;)

自分からお気に入りのモノ(指しゃぶりとタオル)を卒業する勇気。。。
えらいぞ、チャコ。
あなたは立派な3歳児だよ。

  2006年11月、ゴン太の課題
Date: 2007-01-08 (Mon)
4月から保育園に行かず自宅で過ごしているゴン太。
8月から9月にかけて朝からゴロゴロ、
テレビ(DVDとビデオ)をダラダラみて過ごすことも多かったりして、、、
私も昼間からそんなことされるとイライライライラ・・・するので
親子げんかも耐えませんでした。

なおかつゴン太の体格が今までよりもがっしりしてきて、、、
田舎の子だから都会の子よりも体を動かす機会も多いし〜
なんて暢気に思っていたんだけど、
良く見たら胴回りはどうみても脂肪がついてきている・・・汗。
ご飯はしっかり食べるし、おやつもしっかりどっさり
とっていたので体を動かさないと当然
太ってくるのはわかるんだけどね。。。

そんな9月のある日、モモさんがゴン太に課題をだしました。

一日のうち、アタマ・カラダ・ココロを動かす時間をもつこと。

○アタマ→お気に入りの絵本を書いて読んで覚える。
     ゴン太は『あおい目のこねこ』を自分で選んできました。
     字は少しずつ読めるようになったくらいで
     書くのもまだまだ難しいと思うけど、
     一日一ページ分ずつノートに書いています。
     
○カラダ→我が家の畑の草がぼうぼうの部分にチップを置く。
     一輪車(荷車)とフォーク(農作業用の)を使って
     木廃材チップを敷いていく作業です。
     
○ココロ→子犬の世話。しつけ。
     ゴン太が犬の飼い主なので、名付け・エサ・散歩・ウンチの処理等
     すべてまかせています。
     
※おまけとして、(頭・体・心すべて使う)部屋の掃除やオモチャの片付け
     
     
ゴン太には少々厳しい課題もあるし、
毎日きちん自らすすんでしていることばかりではありません。
なるべくなら口だししたくないけれど、
当然、親が尻を叩いてやっとやることも多いです。

ゴン太は毎日コツコツ一つの物事を集中して続ける作業
(おとなでも苦手な人多いと思うし、私も耳が痛いんだけど)
というのがとても苦手らしく、すぐに飽きてしまうので、
こちらも試行錯誤です。

今日やる分量を指示したり、
すべて課題を終えることができたら
おやつをあげる・・というふうにしたら
少しは続くようになってきたかな。

子犬はちょうど知り合いの家で子犬のもらい手を探している・・
という情報を得ていたこともあり、
去年まで飼っていた犬が亡くなってから1年経つし
ゴン太の誕生日プレゼントにしてはどうかな??
(心の成長にもなるし)と思いついたのです。

ただ、もらい先の都合などもあり、誕生日よりは遅れるのが
わかっていたので、ちょっどその頃ゴン太が針仕事にはまっていたこともあり、
裁縫セットもプレゼントすることにしました。

我が家は子どもの年齢よりもその子の興味のあることを
興味のある時期にさせてあげたいと思っています。

私は裁縫が大得意というのでもないし、しょっちゅう針仕事をしている
というわけでもないんだれど、たまたまゴン太が
針と糸で縫うということをしたい時期と重なったこともあるのか
材料(針と糸と布キレ)を与えたら
自分のズボンにポケットをつけたり
破れたところの繕いをしようとしていました。
もちろん、、、結び止めは上手にできるわけではないので
できないところは私が手伝い、縫ったものも
すぐにとれてしまうことも多いです。

ちなみにゴン太はこんなふうに過ごしているけど
チャコやリリコにも同じ年齢になったら
同じようなことをするかどうかはわかりません。
子ども一人一人性格も違うし興味や好みも違うだろうし
物事の受け取り方、成長具合も違うと思うので。

  2006年9月のリリコ
Date: 2007-01-08 (Mon)
兄、姉がママ(パパ)を独占していると、声をあげて押しのけて自分のモノにしようとする。

絵本をどんどん棚からだし、めくって遊んでいる。
毛布がお気に入り。

11ヵ月半すぎ、自分で二本足でたって歩きたがる。2.3歩歩いた。9/7

  2006年5月のリリコ
Date: 2007-01-08 (Mon)
月齢7〜8ヵ月。
ズリバイで隣の部屋から部屋へと移動できるようになる。小さな引き出しをひっぱりだしたがる。ママの姿が見えなくなると泣いて探すようになる。後追いのはじまり。食べ物もとてもほしがる。みんなが食べていると必ず自分も欲しがる。主に普通のご飯、みそ汁大好き。根菜の柔らかいモノ豆腐などあげる。
笑いかけると笑い返してくれるようになった。とてもかわいい笑顔。いないいないばぁに反応して喜ぶ。「あ〜あ〜あ〜」というと同じようにマネして声をかえしてくれる。

- Sun Board -