[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[158] ママのにおいは・・ 投稿者: 投稿日:2006-02-25 (Sat)
ゴン太はママのにおいが大好き。5才の今でもママのにおいをクンクン嗅ぎにきて「は〜いいにおい・・」とうっとりした顔をしている。
ママ自身はとてもいいにおいなんて思わないセーターとかシャツとか着古した汗くさいような服のにおいが特に好きみたいだ(笑)。
オッパイのにおいを思い出すからだろうか??どこの子でもこんなものなのだろうか??

ゴン太があんまりしつこくにおいをかぎにくるので
「ママのにおいってどんなにおい?」
と聞いてみたら、
「しあわせになるにおい」
と答えてくれた。

さすがパパの子だ!!!!(^.^)

[157] どうして生きているのか? 投稿者: 投稿日:2006-01-26 (Thu)
先日、保育園に送りに行く車の中で
「どうしてぼくたち生きているの?」とゴン太に聞かれた。

突然の普遍的で人間の真理を突いたような質問に
私の方がハッとさせられたけど、少し考えてから
「ママは、ゴン太やチャコやリリコやパパに会えてとても嬉しいよ。
大好きな人たちと会うために生まれてきたんやで・・(これじゃぁ生きている意味じゃなくて、生まれてきた意味だと思いつつ・・汗)」
って答えた。

すると「じゃあなんで村の人たちは生きているの?」と聞いてくるゴン太。

・・・・(ひゃーなんでこんなむずかしい質問するんだろう!!)

「なんでだろうね〜・・・。生きている意味は、死ぬときにわかるんちゃう??帰ってからパパに聞いてみ。」と逃げた私。。。

−−−−−−−

夜になって仕事から帰ってきたパパに同じ質問をしたゴン太。
モモは
「なんのために生きているかって、それは幸せになるためだ!!」
とすんなり迷わず答えてくれた。

[156] リリコ2ヵ月経ちました 投稿者: 投稿日:2005-11-22 (Tue)
ますますゴン太の赤ちゃんの頃の顔に似てきた。
生後50日を過ぎたあたりからもう首が据わってきたようにかんじる。
首がしっかりしているのか、首を右に向けたり左に向けたり、くるくるするしぐさをよくする。

目があうとよく笑う。とくにおっぱいのあと、はなしかけたりすると声をだしてお話してくれる。

うるさいのになれたのか、みんなが起きている時に一人にされると泣き出す。まわりがうるさいところでも少しずつ寝られるようになった。

抱っこして欲しいとき、げっぷがつかえている(胸が苦しい)とき、おむつが気持ちわるいとき、泣いて教えてくれる。

母は産後2ヵ月で妊娠前くらいの体調(体重もウェストもまだだけど)に戻ってくる。でも授乳期のため普段よりも眠たく、疲れやすい。

[155] 足りないくらいでちょうどいい 投稿者: 投稿日:2005-11-22 (Tue)
最近よく思うんやけど、子どもが3人になってからの方が、子どもたち一人一人に対する私の気持ちがめっちゃ楽やねん。

一人目の時は、自分も初体験やし、小さい子どもがどんなもんかなんて知らへんし、愛情も世話も一人の子どもに全部注がれるやん。いや、注がないとあかんような、そして自然と気にしたくなくても目に入ってきたりするもんやん。それが、新米ママの私にはめっちゃしんどかった。ゴン太の性格からしても、常に「ママ、ママ〜」とママやパパと一緒に何かをしたいというような子やったからなおさらや。。

せやから二人目チャコが生まれてきたときは1対1のガチンコ勝負??から開放されたような気がしてめっちゃ楽になったわ。チャコ2号はゴン太よりは私を頼ってくる性格ではないみたいやし一人遊びも好きだし、ゴン太の時と比べて何より楽な赤ちゃんやったしなぁ〜。それにチャコはパパっ子なので、家にパパがいる時はゴン太はママ、チャコはパパと自然と受け持ちも決まってた。せやから、一人目の時とたいへんさは私にしては大してかわってへんかったかも(笑)。

そんな中に生まれた三人目。上の子たちが起きて家の中で騒いでいる間は、どないしたかて彼らの要求に応えなあかんし、ちょっとぐらい赤ん坊が泣いたくらいでは、ほっておいてしまうことも多い。それに、オッパイあげておむつを換えたら、即ハイローチェアにおまかせっぱなしのことかてしばしば・・・や。(でもそんな時は幼い兄や姉たちが母親の代わりに赤ん坊をあやしてくれたりもするんやけどな。(^^))

そやからこそ、抱っこしてあげられる時はいっぱい抱っこしてあげたいって思うし、オッパイ飲んで満足してしあわせそうな笑顔を見せてくれたら、心底愛しいと思えるわ。。。こんな母親らしい感情が自然とでてきたのには自分でも驚いた(苦笑・・(;^_^A アセアセ…)

母一人に対して子どもが3人の時は、どうしても一人は手をつなぐことはできひんし残ってしまう。残ってしまった子に対しては、申し訳ないし、こっちの手があいている時にはできるだけのことをしてあげたい・・って思えるんや。

ってことを相方モモに話していたら、
「(愛情も手をかけることも)足りないと思うくらいでちょうどいいんやないか・・」って話になった。自分が十分やっていると思っていたら子どもらは「まだまだ・・」って言うに決まってるって。こんだけしかできひんでごめんな〜って思っていたら、子どもは「いいよ〜わかってるねん、ありがとう」ってほんまに口にだして言ってくれるわ。親としてごっつう幸せなことやで〜。

[154] 覚え書き 投稿者: 投稿日:2005-08-29 (Mon)
★京都で子育てをしているみなさん!!  11日は選挙に行きましょう。http://plaza.rakuten.co.jp/kkpkyoto

★4つ葉プロジェクト みんなで子育てできる社会をつくるために… http://yotuba-project.net/