◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  1人目の妊婦エッセイ


1人目の妊婦エッセイ

どこで産む?


●妊娠した可能性があるとなった時、まず最初に悩むのがどこの施設で確認してもらうか(産むのか)、ということだと思う。私はとりえず電話帳で近くにある産婦人科を探してみた。私の住んでいる地域から通えそうな病院は選べるほど多くない。なにしろ初めてのことなので総合病院がいいのか、個人病院がいいのか、二つの病院の差がなんなのかさえよくわからなかった。ただその時は、”病院で産むこと”を当たり前のことのように思っていた。

●それが最初の妊娠で流産を経験したことで、いろいろと考える機会を与えられた。産む場所から産む方法、果ては出産に対して自分はどうしたいのかという心構え的なことまで、本やインターネット、経験者の話などを通して自分なりの答えをだしていくことになった。そうして、自分なりに出した答えは「できるだけ自然に、自分の力と赤ちゃんの力を信じて、産んでみたい。」ということだった。

●ということになると、助産院や自宅で産む、という選択肢も考えにのぼってきた。昔は自宅で出産する人も多かったと思うが、いつの間にか病院で産むことがふつうになってきている世の中で、最近また助産院で産む人も増えているらしい。それに、自宅で家族に手伝ってもらいながら出産に挑む人も、ちらほらといるみたいだ。

●私の場合、上にも書いたように家から通える所となるとかなり限られてくる。産婆さんや助産院が近くにあるのか、探してもみたがなかなかみつからない。里帰りという方法もあるが、私は「子供を産むなら連れ合いと一緒に」と最初から決めていたので、それも無理。「できたら自宅出産もいいな・・・」と淡いあこがれもあったが、今の状況ではそこまでする勇気もなく、今回はあっさりとあきらめることにした。

●そこで結局、私は流産の時にお世話になった個人病院に通うことに決めた。先生はもちろん看護婦さんや受付の人の対応もいい印象、施設自体も新しくきれいだし、そしてなによりも私が望んだ出産(浣腸や会陰切開もなるべくならしたくないし、陣痛促進剤もできるだけ使ってほしくない、それに産んですぐから一緒に過ごしたい(母子同室であること)・・など)が可能なように感じたから。

●今は、妊婦雑誌等でもいろんな産院の情報が載っている。さすがに雑誌にのるような病院は、どこもかしこも”妊婦と赤ちゃんのために、至れり尽くせり”のサービスが充実している。特に、個人病院などの方が大学病院や総合病院などよりも、患者獲得のためか、かなりの気合いが入っているようにもみえる。だからといって、必ずしもホテル並の施設とサービスがいいのか、というとそういうことでもない。肝心なのは、妊婦自身が納得して出産に挑める環境が整っているかどうか、ということに他ならないと思う。

次へ



ホーム    子どもが好き    1人目の妊婦エッセイ