◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  3人目の出産体験記


3人目の出産体験記

いよいよお産2


★助産院に着いた頃には痛みもかなりの強度。玄関で四つんばいになってる私を見て、助産師のSさんが「這ってでもいいから(すぐ目の前の)和室に入って・・」と言うので、そのままハイハイしてなんとか和室の布団の上に到着。そしてしばらくはこの体勢(枕に頭をつけてお尻は持ち上げたまま四つんばいの状態)で陣痛の痛みを逃す。その間にモモは子どもたちと荷物を部屋に運んでくれていた。そしてその頃にはすでに子宮口はほぼ全開だったらしい・・(笑)。お産になったら早いだろうと言われていただけあって、ほんと順調な進行具合?!痛みの波もいい感じで襲ってくるけど、Sさんがお尻(肛門?)を押さえながら腰(骨盤)をさすってくれるので、車の中で自分一人で痛みと格闘している時とは比べものにならないほど楽。さすがだー、これが魔法の手というものなんだ〜。。

魔法の手
かなり痛いです・・

★お産のすすみ具合が早いということもあり、助っ人の助産師Iさんが私たちよりも少し遅れて来てくれた頃には赤ちゃんの頭が見えたり隠れたりしはじめた。頭が見え始めたということはゴールもすぐそこ??なんて思っていた私だけれど、ここから時間をかけて産むのが助産院らしい・・・。っていうか、会陰がさけないためにも、少しづつ赤ちゃんがでてくるのを待って時間をかけて産むらしい。。このころの私は、四つんばいの体勢から横向きで寝た体勢にかわっていた。病院で産んだ時のようにつかまるところがないので、私は必死にモモの腕につかまって痛みをしのぐ。私の場合、本当にしんどい時って声もでない。出るときはいきみでうなり声だけ。喉がとても渇いて水が飲みたかったんだけど、「水」って一言さえ言えなかった。そしてこの間にも、ゴン太とチャコは少しそわそわしながら意外と大人しく(ズバリ私の股の方から)、赤ちゃんがでてくるところを今か今かと興味津々に待ち受けていた。

★赤ちゃんがでそうででない時間が過ぎていく・・。私がものすごい痛みと闘っている間、助産師Sさんはお尻と股(赤ちゃんの頭)をおさえてくれ、助っ人の助産師Iさんは私の片方の足を支えて持ちながら、足をさすってくれたり揉んでくれたりしている。陣痛の波で痛みが強い時は『ファーファーファーファー』という呼吸で痛みを逃す。。。。いよいよ赤ちゃんがでてきそう。私にとってはとても長い時間のように思えたけれど、助産院に着いてからたったの40分の出来事だった。

ご対面
いらっしゃ〜い、リリコちゃん

★赤ちゃんさえでてしまえば、もう平気のへいざ♪予定日より9日遅れた割に、2840グラムというちょうどいい大きさの元気な女の子。もしかしたら、ほんとの予定日は言われていたのよりももうちょっと後で、9日遅れたぐらいでちょうどよかったのかもしれない。。なとなくゴン太が産まれた時の顔に似ている。臍帯拍動が早くに止まったので、モモにへその緒を切ってもらう。程なくして、順調に胎盤もでてきた。上の子たちの時よりもあまりにも楽なお産でただびっくり。いきんだわりには会陰も切れなかったみたいだし、やっぱり助産院で産めてよかった〜(T.T)。。。私は産んだ直後で興奮していたこともあったけど、自宅で留守番してくれていた父母と携帯電話で話したり、モモや子ども達と赤ちゃんを胸に抱っこしながらおしゃべり。しばらくして赤ちゃんは産湯へ。その間私は、今回お産の時どうしてもしたかったこと、、、胎盤を食べさせてもらうことにした(笑)。

★胎盤を食べると産後の肥立ちがいい・・って聞いていたこともあったけど、人生のなかでそう何度も経験できることじゃない。ってことで、どうしても食べてみたかったのだ。助産師Sさんが慣れたように醤油も一緒に、ほんの一口大の大きさに切った胎盤を二切れ(私とモモの分?)持ってきてくれた。味は・・やっぱり鉄分風味(血の味)で、コリコリしたちょっと噛みづらい食感で、生肉の味(そのまんまやん・・笑)。モモが”鹿刺し”に似ている・・って言ったけど、そっちのほうがうまく言い当ててる気がする(といっても都会の人はなかなか鹿刺しだって食べたことないよね〜・・笑)。

初乳
初乳をあげる。後ろにある小さいお盆に胎盤が・・

★産湯からでてきた赤ちゃんに初乳をあげて、あとはひたすら家族5人で安らぎの??ひとときを過ごす。もうじき夜が明けてきそうな時間、ゴン太とチャコ、よくがんばって付き合ってくれたね〜。ありがとう。そして何よりも最愛のパートナー、偉大なるモモに感謝。(*^^*ゞ。。助産院にそのまま泊まっていくこともできたけど、モモは抜けられない仕事があるしゴン太も保育園があるので、とりあえず私と赤ちゃんを置いて、モモと子ども達はいったん家にひきあげることになった。この後にまた大事件??が起きるとも知らずに・・・続きが知りたい人はDMで(苦笑)


次へ



ホーム    子どもが好き    3人目の出産体験記