◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  空の上の子どもたち >  子どもにまつわる不思議な話


空の上の子どもたち

子どもにまつわる不思議な話


もくじ

☆おうぐうさん(掲示板から)☆


ところで、我が子供たちにまつわる不思議な話しの数々、 少し書かせていただきます。

先ず、中学生の娘は、前世を記憶していました。 直前の前世のみならず、はりかかなた昔の記憶を 持って、私の現世での役目まで知っていたのです。 ママは誰だか知ってるの。といわれ、詳しい話しを 私に伝えるまで、8年間あの人がママだよ。 これはママのことだよ。と一貫してある特定の人物だけを指して、言い続けたのです。

小学生の息子は、中間生を記憶していました。神様の世界で どんな風に自分は、かあーちゃんから生まれることになったのか。 他の人から生まれようとして、神様に話しをしに言ったらその人ではなくて、私から生まれたほうが良いと薦められたそうです。 彼によると神様の世界では偉い天使ほど、頭の周りに尖がったわっかがついてて、平の天使は真ん丸いつるっとした輪なのだそうです。(尖がっている。というのは自由の女神の冠みたいに。) かーちゃんのわっかは、フリルみたいになっていた。そうです。 彼がこの話しをした翌日、何故か学校のお友達のお母さんが来て信仰を持っている方だったので、どうでしょう?と聞いてみたら「如来は光が尖っているように見えるし、観音の光は花びらのようです。息子さんはそのことをいっているのではないかしら?」あれー! そうだったのー!

一番下のおちびちゃんはお腹のなかにいるときに、5ヶ月目くらいから 話し掛けてきました。たくさん、話しをしましたが、一番印象的だったのは、自分は皆が仲良くなるために生まれる。と言っていたことです。 この子が生まれて、皆本当に仲良くなりました。 特に私の親や、夫の親との関係等など。

永くなってしまうので、ダイジェストみたいに簡単な 内容ですが、こんな感じです。というのがお解りいただける かな?と思いまして。又、いつか詳しく書きますが、今日の ところはこんな感じで。お粗末様でした!

おうぐてんけい(凰宮天恵)さんのWebangel news にも、
いろいろ不思議な話しがあります。
このお話の前にあたるものは、
つなぶちようじさんのWeb 内の胎内記憶の
「胎児の不思議」1にのっています。



次へ



ホーム    空の上の子どもたち    子どもにまつわる不思議な話