◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

ぐりとぐらのえんそく

書名  : ぐりとぐらのえんそく
文   : 中川李枝子・大村百合子
絵   : 中川李枝子・大村百合子
出版社 : 福音館書店
シリーズ: こどものとも 傑作集
タイプ : ストーリーのある絵本
ジャンル: みんななかよし
ISBN  : 4-8340-0892-4

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:

ナナのコメント:「ぐりとぐら」にはまった子なら、もちろんこちらもいいでしょう。


 「ぐりとぐら」のシリーズです。ぐりとぐらが気に入っていたので、図書館で見つけて借りてきました。

 ぐりとぐらは、食いしん坊で、だれとでも仲良くなれる性格。読んでいて、楽しくなりますよ。あの無邪気さ、子どもそのものですね。あ、いやいや、このごろは、無邪気でない子もふえてるみたい。おとながあれこれ、お節介焼きすぎるのかな? それと、あれはダメ、これはダメって言ってたら、子どもは無邪気さを失いそうですね。ゴン太くんですか? いまのところ、無邪気そのものです。うちは、「自然児育児」ですから。あは。

 遠足に行ったぐりとぐらは、そろそろお昼だと時計を見ると、まだ10時。それではと体操をしてみたけど、まだお昼にはならない。あぁ、なんてかわいいの! そうだよね、遠足に行ったら、お弁当が恋しいよね。

 ぐりとぐらは、くまさんを仲間に入れて、いっしょにお昼。くまさんの分まであるなんて、いったいどんな大きなお弁当を持ってきたの?

 ぐりとぐらは、はじめっから、他の動物たちといっしょにお弁当を食べるつもりだったのかもね。

 ぐりとぐらは、ほんとのおいしさを知っているんだね。


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介