◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

いどにおちたぞうさん

書名  : いどにおちたぞうさん
文   : マリー・ホール・エッツ
絵   : マリー・ホール・エッツ
訳   : 田辺五十鈴
出版社 : 冨山房
シリーズ:
タイプ : ストーリーのある絵本
ジャンル: みんななかよし
ISBN  : 4-572-00368-8

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:大きな大きなぞうさんを引き上げようと、動物たちは助け合います。

ナナのコメント:


 『もりのなか』『またもりへ』と同じ作者です。この絵本も、モノトーンの版画絵です。いっけん地味ながらも、ほのぼのとあたたかさがただようのは、さすがです。

 ストーリーは、『おおきなかぶ』に似ています。

 タイトルのごとく、おおきなぞうさんが、井戸に落ちちゃったんですが、なかなか助けられません。次から次へと動物が加わってひっぱりますが、どないしても、あきません。最後にやってきたのは、小さなねずみ。馬や牛や豚が力を合わせても上がらんもんが、こんなネズミに? みんな大笑いです。ところがどっこいしょ。ネズミがみんなといっしょに力を合わせたら、ぞうさんを井戸から引っ張り出すことができたのです。最後のネズミ、『おおきなかぶ』といっしょですね。

 つぎつぎ応援が増えながら引っ張るって、子どもには楽しいことのようです。そしてまた、小さな力もバカにしてはいけません。

 わが家では、1年前より、自分たちが住む家を手作りしてます。あちこちから、いろんな人が応援に来てくれて、見違えるようなステキな家になってきました。でもね、ゴン太くん、あなたがいないと完成しないのだよ。(^_-)-☆


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介