◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

こわーいはなし

書名  : こわーいはなし
文   : せなけいこ
絵   : せなけいこ
出版社 : すずき出版
シリーズ: チューリップえほんシリーズ
タイプ : ストーリーのある絵本
ジャンル: おもしろい
ISBN  : 4-7902-6053-4

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:おばけをこわがるウサギたちも、おばけも、とってもかわいい。抱きしめたくなるぐらい。

ナナのコメント:かわぃ〜おばけがいつの間にか、こわ〜いおばけになっていて・・。せなけいこさんの貼り絵もいい。


 最初に見たとき、驚きのあまり、声が出ませんでした。それほどまでに、すばらしい。話は単純です。おばけにあって、その目撃談を伝えるうち尾ひれがついて、当のおばけでさえも怖がるほどの恐ろしさになってしまう。

 この絵本、挿絵(切り絵ですね)も、文も、圧倒的に美しい。ゴン太くんも、この本に夢中です。ページをめくりながら、ほんとに楽しそうです。

 どこがそんなにいいのか、うまく言葉でまとめられません。というか、ほんとにいい絵本は、言葉で評価しにくいものなのかも知れません。「いい絵本」っていうのは、子どもの心にさりげなく響いて、子どもが何度も何度もあきることなく見たがって、大人になってもそのまんまふーっと思い出されるようなものだと思います。そういう絵本に込められているのは、大人から子どもへのメッセージよりも、子どもの心の中の世界を描きあげたって感じかも。

 家族3人そろって、せなけいこさんのファンになってしまいました。おばけも、うさぎさんも、とってもかわいい。最後のページで、おばけの子どもを、おばけのお母さんが、よしよしってかばうところ、ホロリときます。

 そうね、この本の良さは、「愛」かもね。ウサギも、おばけも、愛に包まれていますね。


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介