◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

まちのねずみといなかのねずみ

書名  : まちのねずみといなかのねずみ
文   : イソップ寓話
絵   : ポール・ガルドン
訳   : 木島始
出版社 : 佑学社
シリーズ:
タイプ : 日本の昔話・民話
ジャンル: 動物と人間
ISBN  : 4-8416-0058-2

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:

ナナのコメント:他人の良い物と自分の良い物を比べるものではないね。


 有名なお話ですね。

 この絵本を借りてきて、ナナは、「モモみたい!」って言いました。

 貧疎だがのびのび暮らせる田舎と、ぜいたくができるが落ち着かない都会と、どっちがいいか。究極の選択ですね。私はもちろん、田舎を選びます。いや、選びました。その結果、大満足です。ナナも、大都会から田舎へ移住したことに満足しています。では、ゴン太くんは、どうでしょう?

 彼は、都会から移住したのではなく、田舎で生まれ育ったのです。すると、見方は変わるかも。

 ゴン太くんにとって、この絵本は、あまりピンとこないようです。ネコやネズミの絵には反応しますが。

 都会がいいか、田舎がいいかは、価値観の問題であって、一律に言える問題ではありません。が、田舎か都会かという選択は、洋の東西を問わず、同じなんですね。ゴン太くんが大きくなって、田舎を選ぶか都会を選ぶかはわかりませんが、少なくとも、ナナや私が田舎を選んだ気持ちはわかってほしいな。ゴン太くんが大きくなってから、あらためて読んで欲しい絵本です。


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介