◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

ムニャムニャゆきのバス

書名  : ムニャムニャゆきのバス
文   : 長新太
絵   : 長新太
出版社 : ほるぷ出版
シリーズ: イメージの森
タイプ : ストーリーのない絵本
ジャンル: イメージを大切に
ISBN  : 4-593-56408-5

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:

ナナのコメント:


 「イメージの森」というシリーズだけあって、意味不明のストーリーと、話の展開です。きわめてナンセンス系ですが、私はこういうの、大好きです。ところが、1歳7カ月のゴン太くんには、難しいらしい。そりゃそうですね、バスの中から徳川家康や三角定規がおりてきたって、わかりませんわな。

 「わからないから、おもしろいんじゃないの。そんなこときいては、イケマセン、イケマセン」というコメントが、いいです。理屈で考える大人にはおもしろくないと思いますが。

 ところで、この絵本、全体に赤(朱色)と黄色が基調となっていて、華やかというより、派手な色彩。読者を強引にムニャムニャへ連れて行こうといわんばかりです。バスから次々に降りてくるものも、脈略のない、とんちんかんな?ものばかり。んで、このバスは、ムニャムニャへ向かって走り続けるのですが、あれこれ、いろんなものをおろしてしまうと、ずいぶん身軽に(気が楽に)なったでしょうね。

 ノーテンキって、ある意味、幸せで、とっても大切なことだと思いますよ。ムニャムニャがノーテンキパラダイスかどうかは、そらわかりませんがね。

 ところで、この絵本、ナナが図書館から借りてきたのですが、ゴン太くんのためというより、私のために借りて来たそうです。私が好みそうな絵本だということで・・・


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介