◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

にぎりめしごろごろ

書名  : にぎりめしごろごろ
文   : 小林輝子
絵   : 赤羽末吉
出版社 : 福音館書店
シリーズ: こどものとも 傑作集
タイプ : 日本の昔話・民話
ジャンル: いいことと、だめなこと
ISBN  : 4-8340-1226-3

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:

ナナのコメント:昔話の語り口調がいい。欲張りじいさんとばあさんの絵も雰囲気でてていいね。


 赤羽末吉さんにひかれて、図書館から借りてきました。赤羽末吉さんは、私の大好きな「だいくとおにろく」の挿絵画家でもあります。

 このお話、はなさかじいさんそっくりですね。でも、小林輝子さんの語り口、とってもいいです。方言も楽しいし、ストーリーの展開も、わくわくする感じ。

 そこへもって、赤羽末吉さんがベストマッチです。よくばりじいさん&ばあさんの、いかにも欲張りそうな顔つき、みじめな結末に、拍手を送りたくなります。

 正直じいさんと、欲張りじいさんの、最も大きな違いはどこでしょう? ていねいにこの絵本を読んでみると、にぎりめしの土の付いたところをお地蔵さんにあげるか、自分が食べるかの違いのようです。つまり、正直じいさんは、自分が粗末な方を食べ、お地蔵さんにきれいな方を差し上げる。するとお地蔵さんが、お返しをしてくれる。欲張りじいさんは、おにぎりもきれいな方をとり、お返しも欲しいと思った。そこが違うんですね。

 なんか、深いですね。お地蔵さんは、たぶん、「すべての他人」を象徴していると思うのですが、「他人をけ落としてでも」というのは最後、みじめです。貧しくても、心豊かに生きたいものです。

 ゴン太くん、こういう日本の民話には、けっこう反応するんですよ。きみは、わかっているんだね。そうとも、あなたの正直な心は、ナナと私が見ているさ。


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介