◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

おやすみなさい コッコさん

書名  : おやすみなさい コッコさん
文   : 片山健
絵   : 片山健
出版社 : 福音館書店
シリーズ: 幼児絵本シリーズ
タイプ : ストーリーのない絵本
ジャンル: イメージを大切に
ISBN  : 4-8340-0543-7

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:眠たがらない子どもも、いつのまにやら、うとうと。

ナナのコメント:子どもは無理に寝かしつけようとしても無駄。自然と眠くなるのを待とう。


 私自身が大好きな作家、片山健さんの代表作です。

 片山健さんの絵本は、わりと文字の少ない作品が多いですが、この絵本も、文字が少ないです。どちらかというと、イメージとか、心象風景とかを大切にされる方のようです。

 片山健さんの、素朴で力強い絵が、子どもを眠りにさそえるのかな?とも思ったけど、まるで催眠術。「コッコはねむらないもん」と意地をはりつづけるコッコさんも、いつのまにやら、夜のしじまにとけ込んでしまいます。読んでいる私たちも、つい、うとうと。(-。_)。。o〇

 寝かそう、寝かそうと、すればするほど、子どもって寝たがらないんですよねぇ。でも、じゅうぶんに意地をはらせてあげると、いつのまにやら満足して、コテン。いいですねぇ、この接し方。

 そうそう、『ジャムつきパンとフランシス』もそんな感じです。しつけって、子どもを抑えつけることじゃなくて、子どもに得心させて、どうすればいいのかを、自分で考えさせる、あるいは選択させるっていうのが大事じゃないかなぁ。そして、私たち大人は、お月様のような、大きなあたたかい心で、子どもに接したいです。

 コッコさんは、素直ないい子です。だって、お月様のやさしさにつつまれて、すんなり寝ちゃったんだもん。意地っ張りな子ほど、じつは素直なのかもね。


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介