◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  絵本大好き! >  絵本の紹介


絵本大好き

りゅうの めの なみだ

書名  : りゅうの めの なみだ
文   : 浜田廣介
絵   : いわさきちひろ
出版社 : 偕成社
シリーズ:
タイプ : ストーリーのある絵本
ジャンル: 愛と感動
ISBN  : 4-03-302010-1

 googleでページ検索
 googleでイメージ検索
 bk1で詳細表示


モモのコメント:みんなが怖れる龍が、やさしさにふれて涙した。こんな子に育ってほしい。

ナナのコメント:いわさきちひろさんの絵が物語りのいい雰囲気をだしている。


 この本、ゴンタくんが1歳6カ月過ぎに図書館で借りてきたものです。

 『ないたあかおに』の浜田ひろすけさんの作品だからと思って、借りてきました。さすがに、「和製アンデルセン」です。なんともいえず、やさしさにあふれるお話です。おそろしい龍に、優しい心をそそぐ少年。優しい子どもたちのためにつくそうと決意する龍。あぁ、なんて美しい話なんでしょう。岩崎ちひろさんのあたたかい絵も、ぴったりです。

 でも、この絵本の良さ、1歳児にはわからないかもね。と思っていましたが、ところがどっこいしょ。借りてきた当初は、ゴンタくん、興味なさそうだったのに、1週間ぐらいたつと、この絵本を読んでくれってせがむようになってきました。1回読んでも、もういちど読めっていいます。どうしてなんでしょうね? 赤い色彩の好きなゴンタくんだから、表紙の赤い色にひかれるのかも(お前は牛か!!)って思ったりしましたが、そうではなさそうです。

 本文の挿絵も、食い入るように見ています。私が読むのも、それなりに聞いています。

 彼は、ほんとうに、この絵本のすばらしさをわかっているのでしょうか? なぞです。

 しかし、私は、そんなことはあっちへおいといて\(^^\) (/^^)/  彼がこの絵本を気に入ってくれるのがうれしいです。

 「いっしょにこのお船に乗ろうね」って、龍が転じた船を指さして、私は彼に語ります。龍は、「ふねに なって、やさしい こどもを たくさん たくさん のせて やろう。そうやって、この よのなかを、あたらしい よい よのなかに してやろう」って、誓うのです。

 ところが、あかんわ・・・ じつは、わて、子どもちゃいまんねん。この船には乗せてもらえへん・・・


書名50音順INDEX /  作者INDEX /  タイプINDEX /  ジャンルINDEX



相楽ねっと    絵本の紹介