◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  モモの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



モモの育児雑記(父親の育児エッセイ)

育児真っ最中のモモより


2002年08月

[114] 夏風邪

2002-08-29 (木)

先週、夏風邪で少し熱があったけど、先週末には熱も下がり、治ったように見えていたけど、元気がなく、食欲もなかった。
今週に入ってからは、完全復活。
よう食べるし、よう走り回る。
元気がないと心配やけど、元気がありすぎてもしんどい。

ただ、寝付きがよくなったのはありがたい。
絵本を読むと、すぐに寝てしまう。
おやすみなさい、フランシス。(#^.^#)

[113] 赤ちゃんと動物

2002-08-28 (水)

わが家には、ゴン太が生まれるよりずっと昔から、犬と猫がいる。
赤ちゃんにペットはよくないとよく聞くが、わが家では、生まれた後もずっと一緒だった。
健康面には気をつけないといけないが、情操面でのプラスを考えた。
それに、犬も猫も家族だ。
あかちゃんのために犬や猫を邪魔者扱いするというのは、あかちゃんのためにもよくないのではないか。
そう考えた。
結果は、何の問題もなく元気に育っているし、犬や猫をはじめ動物によくなじむ。
ゴン太は、近所の大きな犬でさえ、かんたんに親友にしてしまった。
(あの犬、おとなだってこわいぞ)

犬も猫も、相手が子どもだと、明らかに遠慮する。
うちの猫は、赤ちゃんが生まれて病院からやってきたとき、猫自身が身を引いた。
赤ちゃんのいるところに決して近づかず、離れていた。

猫が赤ちゃんにちょっかいを出すなど、心配したこともない。

いまのところ、動物と一緒にいることで、ゴン太にはプラス面ばかりのように見える。
そしたら、今日、新聞記事にこんなんがあった。

<ペット効果>乳児期に複数のペットを飼っていた家庭の子供は各種のアレルギーになる確率が減少することを、米 国立アレルギー感染症研究所が確かめた。ペットに付着した細菌がアレルギー反応を抑制するためとみられる。
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20020828k0000e040020000c.html

これも自然育児かな?
いや、うちは「自然育児」でなくて「自然児育児」なんだよ。

[112] 1歳11ヶ月でPC

2002-08-21 (水)

わが家には、PCが6台ある。

モモのPC3代目、ナナのPC3代目。
それぞれ、1代目は独身時代に使っていたもの。
そして、つい最近それぞれ3代目に乗り換えたところ。
3代目はそれぞれ自作機(Windows2000)。
これがまた、すこぶる快調で、トラブルなし。
それぞれの2代目は、どちらもGATEWAYのceleron333。
2代目は、linuxやWin98(スペア)としてまだ働いていただく。
1代目は、FMV166と、PC9821(CPUは75→250)。
FMVはテスト機としてたまに動いていただくが、
PC9821は、どもならん。
前置きが長くなったが、そこで、9821はゴン太のおもちゃになった。
やつは私やナナがPCさわっていると、自分もマウスやキーボードをさわりたくってしようがない。
マウスやキーボードの単品のみ与えると、画面が動かないと言っては怒る。
ようするに、ふつうに動くPCでないとだめなのだ。
やつはまだ、2歳前である。
なまいきなやつ。
ふん、1台くれてやる。使えるもんなら使ってみな!!

[111]

2002-08-20 (火)

我が家はあまり平凡な毎日ではない。
わりと次から次へと、事件やイベントが起きる。
ま、わざわざ自分で作り出している「忙しさ」もあるのだが。
ナナも私も、平らな人生は好きでない。
けっこう、事件を楽しんでしまう性分だ。
(事件といっても犯罪的なモノではないよ、ねんのため)
ゴン太も起伏の大きな日常につきあわせているのだけど、
これもまた、性に合わないわけでもないらしい。
童仙房では、お盆をすぎると、すっかり秋の気配。
今年は季節が早いので、お盆前から秋の気配だったけど。
季節の変わり目のたびに、「いろいろあったなぁ」って、
ふりかえるうちに、いつのまにやら、ゴン太がまたひとつ、
成長していることに気づいた。

[110] 叱る

2002-08-18 (日)

いろんなことがわかってきて、いろんな反応をするようになってくると、
親のいうことをわかっていて「いや」と言ったりする。
それはすばらしい成長なんだろうけど、憎たらしいことも。
いやいや、憎たらしいのは、私の不徳のいたすところ。
この子を、殺し合いに参加させてはならない、と願う、815。

[109] ゴン太の大冒険

2002-08-07 (水)

私が夜遅く車で帰ってくると、ナナとゴン太が玄関の外へ
迎えにでてくれます。
そのとき、ゴン太は飛び上がって喜んだり、踊りくるったりします。
私に遊んでもらうのもうれしいようだけど、もうひとつ、
ゴン太の楽しみがあるんです。

私は、玄関の前で車を止めて、ゴン太を運転席でひざに乗せ、
すぐそこまで(20メートルほど)敷地内をゆっくり走って、
車を止めるのですが、そのわずかな運転が、
楽しくってしょうがないらしい。
昨日も、ゴン太をひざに乗せて、かけ足ぐらいのスピードで
ゆっくり走っていって、ちょいと坂を登るんだけど、
あまりにゆっくりすぎたから坂を登れずに、
何度もスリップしました。
車からおりると、ゴン太は、スリップした場所に立ち止まって、
ナナに、「がーっっっ! どーーーっっ!!」っていって、
興奮気味に説明するんです。
どうやら、大冒険だったようです。

[108] ひろびろ

2002-08-07 (水)

開かずの間があいて、広くなった家の中を、ゴン太は笑いころげながら
走り回っています。
そんなにうれしいかい、そうかい、そうかい。
つくってよかった〜

[107] だいじょうぶ?

2002-08-03 (土)

全国のファンのみなさまに応援いただいてます(ホンマか)家づくり、佳境にさしかかり、パニック的に忙しいです。
今日(3日)までに、開かずの間の「6畳」で生活できるよう、奮闘中です。
2日も、大工仕事、家具の移動、整理など、おおわらわでした。
ゴン太くん、私のやってるのをマネして、クギを打つのが上手になりました。
なにからなにまで、私やナナのマネをして、手伝おうとするの。
行く先々で立ちふさがるから、邪魔で、危なくってしょうがない。
でもね、彼は一生懸命手伝ってくれるの。
それにね、私が疲れ果ててしゃがみこんだら、まだ言葉の未熟な彼が、「だいじょうぶ?」といって
私の頭をなでてくれたの。
そのときの私の気持ちがわかるかな?