◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  モモの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



モモの育児雑記(父親の育児エッセイ)

育児真っ最中のモモより


2003年04月

[187] ビールとヤクルト

2003-04-30 (水)

すっかり風邪は回復して本調子のゴン太。
そのかわりに、ナナと私が風邪気味。

ゴン太は、保育園でいろんな事習ってきます。
ひとりでアンパンマンの歌を歌ったり、
「せんせい、さようなら。みなさん、さようなら」って、家の中でくりかえしたり。

ところで、昨日、ちょいと大工仕事をしていたら、ゴン太もいつものように
手伝って?くれて、
縁台にふたりですわって、ビール飲みながら(ゴン太はヤクルト)一服してたら、
ゴン太は、うきうきしっぱなしで、すごく楽しそう。

「たのしいなぁ」ってゴン太が言います。

こんなふうに、息子と語り合えるっていいなぁ。
そのうち、ゴン太といっしょに、家を建てられる日が来るかなぁ。

[186] 風邪ひいてまんねん

2003-04-23 (水)

月曜日ぐらいまで熱があがったり下がったりして、
それと並行して、のどが苦しそう。
ご飯もなかなか食べられません。
月曜日の夕方ぐらいから、少しずつ食べられるようになったけど。
火曜日には、保育園に行ったけど、まだしんどくて無理みたいでした。
今日は、休んでます。

とにかく、よく寝る。
どうしてこんなに寝られるんやろ、って不思議なほど、長時間、ぐっすり寝ています。

寝るのがいちばんの薬かな。
ゆっくり、おやすみ。

日曜日でも保育園に行きたがるほどの、保育園好きのゴン太が、
「おうちで寝る」って言うぐらいやからよっぽどしんどいんやね。
行きたくなったら、また保育園行こな。

[185]

2003-04-17 (木)

昨日、熱が出て、今日は保育園を休んでます。
とくに症状は悪くなさそうだし、それほどしんどそうでもないです。

深夜に私がPCに向かって仕事してたら、「パパ、いっしょに寝よう」って
誘いに来たり、そうかと思うと、
「いいよ、ぱぱ、おしごと、してて」って言ったり。

なかなかいじらしいです。

[184] 目覚まし

2003-04-16 (水)

遅寝遅起きだったゴン太が、保育園に行きだしてから、
早寝早起きに移行しつつあります。
私はどうしても深夜(というか、夜更け)まで仕事をしていることが多く、
朝はなかなか起きにくいです。

このごろ、ゴン太が起こしてくれるようになりました。
「ぱぱ、おきて〜、ぱぱ、おきて〜」
と、私の頭を持ち上げ、
「おふとん、たたも」
「おきがえするの」
って、ナビゲートしてくれます。

いつまでこういうことしてくれるのかなぁ。

[183] 次世代型の学校

2003-04-09 (水)

前回の書き込みは、曖昧な表現にとどめているけど、はっきり言って、
うちの子は公教育にゆだねるのではなく、ホームスクーリングか
民間スクール(広義のフリースクール)で教育させたいです。

60年先まで社会で活躍すると考えれば、刹那的な発想ではかわいそう。

もっとも、野殿童仙房小学校が存続してくれれば、
そちらを第一選択肢に考えますが。
超小規模&山の上 の小学校です。
文部科学省の配下にありながら、画一的・受け身的・教科書的な教育から
すでに脱出している点が、次世代志向の私には、「最も進んだ学校」に見えます。

しかし、存続は微妙。
わが家は自衛策を検討中。

[182] 小さなボート

2003-04-04 (金)

明日は、いよいよ入園式のゴン太。
この保育園、園児数が全部で数人です。
保母は、ふたり。

こういう、小規模園、どう思います?

そして、小学校は、昨年度が全校で17人。

私は、こういう超小規模+山間部という条件が、これからの育児・教育に
最適と考えています。
高度経済成長〜バブルのころは、成長と拡大の時代でしたから、
多人数で画一的な教育が、有効であった面もあります。
でも、時代は変わり、限られたパイを分け合っていかねばならないです。

少人数でホリスティックな教育でなければ、これからの時代を
生き抜いていくのが難しいように思います。

南山城村では、村内4つの小学校のうち、3校を1つにまとめる統合小学校(南山城小学校)が
開校しました。
童仙房の小学校(野殿童仙房小学校)は、この春の統合は見送りましたが、
熱心に統合へ参加したがる人たちもいて、今後は存続が流動的です。

私は、公教育(義務教育)を沈みかけた船と見ています。
不登校の増加、学力低下には、国もなすすべがありません。
ここ10年ほどかけて、公教育の地位は低下し、オルタナティブ教育の地位が上昇しています。
様々な原因が考えられていますが、私は時代が要請しなくなった教育を続けている
ことが主原因と見ています。

たぶん、文部科学省も、それはわかっているでしょう。

高度経済成長〜バブルのころに有効であった教育を見直し、学習時間を削減して
教科学習以外の総合学習の時間をもうけたのは、正しいと考えています。
ただ、それを実効性あるものにしていくには、学校の規模の縮小(30人学級どころではなく)と
総合学習用の教員(地域住民のボランティアでもいいのでは)の配置が不可欠と
思われます。

現在の硬直化した教育システムでは、実現困難ですね。
野殿童仙房小学校では、いい感じで、実現できています。
沈みかけた大船の横で浮かんでいる小さなボートってとこでしょうか。

私は、ゴン太を、ボートに乗せたいです。
ノアの箱船などとは言いませんがね。

[181] 粘土

2003-04-03 (木)

この春から、というか、来週から保育園に行くゴン太。
先日、保育園のお道具セットを購入すると、すごくうれしそうだったので、
昨日、お道具箱やら、色鉛筆セットやら、筆箱やら、落書き帳やら、粘土やら
買って帰りました。
とくに、粘土に夢中です。
いわゆる油粘土とちがって、小麦で作られている、口にしても危険の少ない粘土。
8色あり、手にもべとべとつきません。

今日も朝から、粘土遊びです。
買ってよかった。

(ゴン太の笑顔に、私はとっても幸せなんだけど、イラクの子どもたちが気になって仕方ない)

[180] 殺さないで!!

2003-04-01 (火)

イラクの子どもたちが英米に虐殺された映像がWebにあります。
子を持つ親として、我が身にあてることができないほど、むごい。
アメリカが悪いとか、イラクが悪いとか、そんな問題ではありません。
人殺しは悪い。
それだけです。
だまって見ているのは、罪を感じます。
なにか、しなければ。
未来に禍根を残してしまう。