◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  モモの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



モモの育児雑記(父親の育児エッセイ)

育児真っ最中のモモより


2003年10月

[232] 少し大きな3歳児

2003-10-29 (水)

ナナが、久しぶりに、高校時代の友人たちに会いました。

ナナがチャコをおねえさまがたに紹介すると、「か・わ・い〜!!」

ナナを車で送っていった後、ゴン太とチャコは、公園で遊んで、おうちへ。
3時間ほどしてナナを車で迎えに行くと、
ナナがゴン太をおねえさまがたに紹介し、「か・わ・い〜!!」
3歳児はモテモテ。

ぼくちゃんも、ちょっとまえには3歳だったんでちゅ。

[231] 別荘ちゃうで

2003-10-29 (水)

あちらのおうちに着いたとたん、ゴン太は疲れを見せず、
じぃじやばぁばに会って、はしゃぐこと、はしゃぐこと!!
いつもながら、全身で喜びを表現しています。
走り回って、飛び回って、笑って、おしゃべりして、抱きついて。

チャコも、疲れた様子もなく、いつものように、スマイル。
落ち着いて、にこにこしています。

まるで自分の家のように、過ごしています。
(いいかえると、ずーずーしい)

[230] はるかな遠足

2003-10-29 (水)

関東の、ナナの実家に行ってきました。
家族みんなで、車で行って、私だけ一足先に車で帰って、
ナナと子ども二人は、まだあちらにいます。

トヨタのPLATZ(1300CC、4WD、5MT)で行ったのですが、
8時間半、ゴン太もチャコも、わりと平気でした。
前回、ゴン太が1歳半の時には、サービスエリアのたびに30分ほど運動会をさせてやらないと
しんぼうできなかったけど、今回はそうでもなかったです。

5ヶ月のチャコを心配したけど、ほとんど寝ていて、ぐずりもしませんでした。

前日から、「遠足に行く」って楽しみにしていたゴン太。
あまりの長時間ドライブに、「なかなかつかへん」とぶつぶつ言っていましたが、
夜になって首都高を走ると、童仙房では絶対に見ることのない(大阪でもないですね)
イルミネーションぴかぴかの夜景に、ぼーぜん。

何を感じていたのかな?

[229] 楽しいジャンプ

2003-10-22 (水)

チャコが、とってもよく笑うようになってきました。
生まれた直後くらいから、よく笑う子だったのですが、
このごろは、身の回りの出来事にも反応するし、
「いないいないばぁ」にも大きな声を上げて笑います。

昨日、ゴン太が部屋の中でジャンプして遊んでいたら、それを見たチャコが
喜んで大笑い。
ゴン太は、チャコが喜ぶのをみて、何度も何度も繰り返します。
チャコも、うれしくってうれしくって。

ゴン太は、ふだんから、あまりチャコに焼き餅をやかず、
優しくいたわることが多いです。

しんどくって、息をきらしても跳び続けるゴン太。
いい兄妹やなぁ。

[228] がんばるからね

2003-10-22 (水)

2週間ぐらい前からだったと思うけど、ゴン太が「ウルトラマン変身スーツ」を
買ってほしいとだだこねるようになりました。
バンダイから3900円で発売されています。
そんなもん着たって、ほんまにウルトラマンになれるわけないと思うんやけど。
それに、チャコに着せられへんやんか。

かなり激しくだだこねてました。

そこで、この「欲望」を利用することにしました。
「おしっことうんこを、ちゃんとトイレかオマルでできるようになったら買ってあげる」

すると、どうでしょう。
それまでおもらしばかりしていたのに、とつぜんちゃんとできるようになったのです。
「ほら、おトイレでできるで」って。
「そやな、ちゃんとできるな。もう少しがんばって続けてみ。そしたら買ってあげるから」

いままで、あまりモノをほしがらなかったので、我慢させる機会もなかなかなかったし、
自分の望みを達成するために努力するという機会もなかなかなかったんですが、
これはいい機会。

このごろは、「ゴン太、がんばるで。ちゃんとおトイレかオマルでせないかんのやなぁ。
ちゃんとできたら、ウルトラマン変身スーツ考えてくれる?」
なんて、いじらしいことを言うようになってきました。

じぃじが、「そんなにほしいなら買ってあげようか」と言ったけど、私がとどめました。
ちゃんと、ゴン太との約束を守りたいです。
もう、明日にでも買ってあげたいくらいだけど、11月上旬まで辛抱させます。

がんばれよ、ゴン太!!

[227] ばーん!!

2003-10-16 (木)

子どもに対して、「テレビはだめ、インスタント食品はだめ、甘いお菓子はだめ、
暴力的なおもちゃはダメ」と言いたくなる気持ちは理解できます。

でも、こういうマイナスファクター(っていったらいいのかな?)は、
子どもの成長に必要欠くべからざるもののように思えるのです。

先日、村民運動会で、小学生が遊んでいるピストルを見て、
ゴン太もほしくてたまらなくなり、運動会にテント出店している
店で、300円のピストルのおもちゃを買いました。
(危ないから、弾はだめ)

さっそく、バンバンやって遊びだし、知らない人にもバンバンやって
怒られたりどつかれたり。

ナナは、「こんなくだらないおもちゃを買って・・・」って
ぶつぶつ言っていました。

とりあえず、弾のないピストルのおもちゃは危ないものではないし、
ピストル遊びが楽しいものだという経験は大事だし、
ピストルを持っただけで強くなったように錯覚するという経験も大事だし、
自分はかっこいいつもりでも、他人にはいやがられるという経験も大事だし、
弾を入れると凶器になるという経験も大事。

学べることはたくさんあります。
もし、こういう遊びを禁止するなら、試行錯誤して経験を積み
失敗を繰り返し成長していくことができなくなります。
私は、そのことの方が恐ろしいと感じます。

人間の優しさって、あんがい、マイナスファクターから生まれてくるものではないかしら。

いまでも、ピストル遊びを繰り返していますが、
徐々にいろんなことがわかってきて、買った当初とは、うんと変わりました。
そのうち飽きて、ピストルに見向きもしなくなる日が来るでしょう。
そうなれば、学習し終えて卒業です。
授業料300円は安いものです。

私は「失敗」についてはとりわけ寛大な父親ですが、
「あきらめ」「悲観」「途中放棄」「迷い」は嫌いな父親です。
でも、これらも、「失敗のひとつ」と見なして、見守っていきたいけどね。

[226] ゴン太 vs チャコ

2003-10-08 (水)

2人目の子であるチャコを、知らず知らずゴン太と比べて見ています。

ゴン太と比べて、格段に、おとなしい。
ゴン太と比べて、よく笑う。(ゴン太もいつも笑っているけど、ゴン太は「笑い」、チャコは「ほほえみ」)
ゴン太と比べて、自分の周囲を観察したりあれこれわかったりする。
ゴン太と比べて、コミュニケーションが好き。
ゴン太と比べて、はるかにはやく寝る。
ゴン太と比べて、自動車が、やや苦手。(ゴン太は車大好き)
ゴン太と比べて、大きい。
ゴン太と比べて、首の据わりも、寝返りも、早い。

ゴン太が、じょうずにチャコをかわいがったり、かばったりします。
いい感じ。


[225] はやく人間になりたい!!

2003-10-08 (水)

ゴン太はすっかり、ウルトラマンです。
それも、コスモスやティガではなくて、
最初の頃のウルトラマン。

とくにお気に入りは、「帰ってきたウルトラマン」のようです。
ウルトラ兄弟がたくさん出てくるビデオを、すごく喜んでます。

ところで最近、ヤツは妖怪人間ベムにもはまってます。
あんな怖い話はあまり見たがらんやろって思っていたけど、
とても気に入ってしまって、毎日のように見ています。

ベム、ベラ、ベロは、夫婦や親子ではないのよね。
その微妙な関係がなんとなくいい感じ。
私が子どもの頃は、そういう目で見なかったけど、
あらためて、夫婦のあり方、親子のあり方を見直すきっかけにも。

それにしても、かっこいいなぁ。
人知れず魔物を倒しておいて、「おれたちゃ、正義のために闘うだけだ」といって、
消えていく。
あんたたち、人間になんか、ならなくったっていいよ。
人間になったら、汚れちゃうよ。

[224] おとうさん

2003-10-08 (水)

ゴン太がね、いつも「パパ」っていうのに、こないだはじめて、
「おとうさん」って言ったの。それだけ。
そんなことが言えるようになったのか?ってかんじで、
なんかうれしかったのさ。