◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  モモの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



モモの育児雑記(父親の育児エッセイ)

育児真っ最中のモモより


2004年02月

[253] ずりばい

2004-02-23 (月)

ゴン太は9カ月にはハイハイや伝い歩きで自由に移動していたし、
サークルに閉じこめておくと、怒ってサークルを押してサークルごと移動していました。
そのことを思うと、チャコはおとなしいです。
ハイハイもまだできず、暴れることもなく・・・

とはいうものの、ハイハイではないけど、寝そべったまま移動を。
「ずりばい」というヤツですね。

自分が欲しいもの、興味あるものを見つけたら、なんとしても手に取ろうとして、
移動が始まります。

うちでは、とくに成長を急がせたいとは思わないし、それぞれの子のペースで
だんだん成長してくれたらそんでいいと思っているのですが、
いままでできなかったことができるようになると、うれしいもんです。

おしゃべりも、積極的になってきました。
もちろん、宇宙語なのですが、ゴン太の宇宙語とはまた違います。
どこの星の言葉なのかな?

[252] きゃんきゃん

2004-02-10 (火)

ゴン太の保育園では、ゴン太と同じ年齢の子があと2人。
その3人が、このごろ、一緒に遊ぶらしい。
ママゴトとか、犬の散歩ごっことか。
ゴン太は、家でも、犬の散歩ごっこをします。
ひもを腕に巻いて、犬のまね。
わんわん、わんわん!!
不審者が近づくと、う〜わ゛んわ゛ん!!
ときどき、片足あげて、おしっこ。
ときどき、すわりこんで、う○こ。
私も犬のまねさせられます。
わんわん。

[251] 主人公がふたり

2004-02-09 (月)

ゴン太は、1歳前、動物に興味を示し、自分が動くことに一生懸命だったけど、
チャコは、動くことにはあまり一生懸命ではなく、他人とコミュニケーション?することに
一生懸命です。

昨日、ゴン太が今のチャコぐらいの時に買い与えたピアノのおもちゃを、
チャコにさわらせてみると、一瞬にしてはまりました。
ゴン太はあまり遊ばなかったこのおもちゃ、チャコは飽きることなく、
鍵盤をたたき続けます。
音が鳴ることが、楽しくてしょうがない様子。

「チャコはピアノ上手やなぁ」「こういうのが好きなんやなぁ」と
ナナと話していたら、ゴン太がちょっと寂しそうな顔を。

「ゴン太は動物が大好きやってんで。動物園に3回もいったん、覚えてるか? チャコちゃんぐらいの時に、動物がいっぱい出てくるアンパンマンのビデオを買ったやんか」
って、ゴン太の得意なものを語ると、
「そやで〜、あのな、動物園に行ったらな、ライオンさんと、トラと、キリンと、クマと、カバと、いっぱいいっぱいいてんで。ほんでな、がお〜っていってな、、、」

#心配せんでも、ゴン太のこと、忘れてへんがな。

[250] 哲学者

2004-02-09 (月)

場所の感覚はわりと早くに習得したゴン太ですが、時間は理解しにくいよう。
場所は目に見えるけど、時間は観念だからかな?

このごろ、すこし時間を表す言葉を言うようになったけど、
昨日のことが「きょうな、あのな、、、」だったり、
さっきのことが「あのな、ゴン太が生まれたときな、、、」だったり、
3日ほどまえのことが「んとな、ゴン太が生まれるよりずっとまえにな、、、」だったり。

でも、「今」と「今ではない」の区別はできてきたようです。
「今」は直接わかるけど、「今でない」は観念です。
大人は考えることもなく使い分けているけど、幼児にはかなり難しい哲学のようです。

[249] おひなさま

2004-02-09 (月)

ナナの実家から、ナナのひな人形を頂きました。
7段飾りの、スーパーデラックスです。
ただ、わが家にはそのすべてを飾る場所がないので、一部をセレクトして飾ろうと話していました。

昨日、外出先から帰ってみると・・・
居間のアングル棚の一段に、うまいこと飾ってありました。
下から2段目の棚をすべて使って。
マンションみたいですね。
元がいいものなので、部分をセレクトしても、品があります。

これは、チャコのために飾ったのに、ゴン太が大喜び。
ゴン太の人形も出して!って言います。
ゴン太の人形は、私の実家から持ってきたもので、毎年5月に飾っています。

それを覚えているようです。

おひな様の飾りがいっぱいあって、うらやましそうだけど、
「ゴン太には大きな鯉のぼりもあるでしょう」っていうと、「いますぐ出して」
「4月になったらね」
「なんでぇ〜??」

時間の感覚を習得しつつあるゴン太。
季節や年中行事を理解するのはあと一歩。