◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  モモの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



モモの育児雑記(父親の育児エッセイ)

育児真っ最中のモモより


2004年03月

[265] 食いしん坊の撫子

2004-03-30 (火)

チャコの食いしん坊は、さらにエスカレートしていきます。
前歯が上下とも生えてきて、少々かたいものでも食べられます。

とにかく、パパやママやゴン太が何か口にしたら、いちはやく察知し、
物欲しそうな顔をします。
与えないでいたら、「あ゛ー↑!!」(尻上がりの音程)と、奇声を発します。

あわてて口に入れてやると、 (^_^)

ゴン太はこんなことなかったぞ。
そのかわり、チャコは物静かで、おしとやかで、大和撫子です。

くいしんぼ、誰に似たんやろ・・・・、不思議やな、ナナちゃん。

[264] ゴン太のそばにいるよ

2004-03-30 (火)

ゴン太がね、私が夜でかけることをいやがるようになったんです。
仕事の用事やなんやで、でかけることも多いのですが、
ゴン太は、「パパ、お仕事いかんといて。行ったらあかん」といいます。
「すぐ帰ってくるからね」といっても、
「あかん。いかんといて。おうちにいて」って言います。

夜出かけない日でも、「パパ、お仕事いかへん?」と、不安そうにナナに聞きます。
「今日はどこにもいかへんよ。おうちにいるよ」っていうと、 (*^_^*)

その様子が、いじらしくってね。 (#^.^#)

[263] 一番楽しいことを大事に

2004-03-30 (火)

ゴン太のビデオへの接し方が、少し改まったみたいです。
私やナナがテレビを見ているのを横取りすることもあまりなくなり、
だらだら見続けることも少なくなりました。
いまは、アンパンマンがいちばん好きみたいです。

いっぽう、絵本好きは相変わらずです。
このごろは、字が読めないくせに、絵本を広げて自分で声を出して読んでいます。
何度も聞いている話なので、ストーリーはかなり正確です。
私がてきとーに創作したお話を語って聞かせても、
楽しそうに聞いてくれます。

ゲーム、テレビ、マンガといった誘惑がこれからたくさん出てくるでしょうが、
私たちはそれらを禁止する形はなるべくとりたくないです。
「もっと楽しいことがある」と知っていれば、ゴン太だって、暴走しないはず。
だから、私たちは、生後半年で、絵本の読み聞かせを始め、
親子でいっしょに、絵本をわくわくしながら楽しむという時間を大事にしてきました。

ゴン太の感性を信じています。

[262] チャコの脱皮

2004-03-23 (火)

ハイハイの遅れていたチャコがね、急につかまり立ちをしたがるようになったの。
自分でよっこらせっと足を曲げて、おすわりしたり、
何かにつかまって立ち上がろうとしたり。

自分では立ち上がれないので、私が手を取って立たせてやると、
すっごいうれしそう。

あまりいっぺんに立っちしたら足がしんどいからちょっと休み、って言ったら、
奇声をはっして怒るの。
もっと立っちしたいって。

見える世界がちがうんやろなぁ。

あれ? そういえば、昨日と比べても、だっこした感じが違う。
あきらかに、体がしまっている。
とくに、足。
ぶよぶよが、がっちりになってる。

だんだん赤ちゃんでなくなっていくなぁ。
さびしいような、うれしいような。
そのぶん、パパのことも、今まで以上によくわかり、
私がそばにいるだけで、とってもうれしそうにしてくれます。

いいね〜 (#^.^#)
もうなにもいらないよ。

[261] メリークリスマス!!

2004-03-23 (火)

ビデオを喪失したゴン太が、ビデオがなくても平気だと自分に言い聞かせ続け、
その姿があまりにけなげで、もう返してあげようかと思いつつ、
いやいや、もう少しねばって、ゴン太の心を鍛えておこうと考え、
「なくなってしまって、もう戻らない」を演出していました。

20日の土曜日、車の中で、何かの話のはずみで、「あほ」という言葉がでてきたら、
すかさずゴン太が、「パパはビデオほかしたからアホや」と、ぼそり。
何でもないような顔をしていながら、ほんとはものすごいショックやったんや。
かわいそうで、いじらしくて、たまらんようになって、
その日の晩、ナナに相談。

ビデオを隠してから、ゴン太はよく言うことを聞くようになったし、
ビデオがなくても取り乱したりしていないし、
チャコの面倒もよく見てくれるし、
もういいのとちゃう?

ナナも、「いいよ」

ゴン太が寝ている間に、数十本のビデオライブラリを、
ゴン太専用ビデオラックに戻しておきました。

次の朝、ゴン太はそれを見つけて、
「あ゛〜っぁぁぁ!!!!」  \(◎o◎)/!

私も、「あれ? なんでや? せっかくほかしたのに。だれが元にもどしたんや?」
ゴン太は、「あのな、サンタさんが、新しいのくれてん」

戻ってきたのではなく、失ったのとそっくりなビデオが新規にプレゼントされたと考えたようです。

私が「ゴン太がおりこうさんにしてたから、サンタさんがくれてんな」
ゴン太は「うん、そうや。おりこうさんやで。パパとママのいうこときくで」
私は「言うこときかへんかったら、またほかすで」
ゴン太は「あかーん!!」

もうビデオがなくてもいいなんていってたくせに、ビデオが返ってきたら、
狂ったようにビデオに釘付け。
失われた一週間を取り戻すかのように・・・

[260] 興味を育てる

2004-03-18 (木)

ハイハイの遅れていたチャコだけど、知らんまに、
ズリバイがハイハイになっています。
いま、つかまり立ちしたくて、練習中です。
私が手を添えてつかまり立ちさせてやると、すごくうれしそう。
世界が変わるのでしょうね。
こんどは自分で立とうと、がんばってます。
興味をもったときが、「そのとき」なんですね。

そういえば、ビデオを失ったゴン太も、自分専用のPCを楽しそうに使っています。
いままではビデオがあったので、それほどPCを使いたいと思わなかったようですが、
ビデオのない今は、積極的に使っています。
といっても、かろうじてマウスを動かせるだけで、「操作」は無理ですが。
デジカメで撮りためた昔からの写真をスライドショーにしてみせてやると、
すごくうれしそう。
もう少しでPCを使えるようになるかな。

[259] ビデオがなくても・・・

2004-03-18 (木)

で、ビデオなんだけどね、
15日に没収したビデオ、

16日には、ゴン太は「捨てた」のではなく「隠した」のだとわかっていたようで、
何とか返してもらおうと、おりこうさんになりました。
そして、いかに自分がお利口さんかということを、アピールしていました。
私は、「捨てたんやから、もうどこにもないで」と、
帰ってこないものであることを説明しました。
ゴン太は、「どこに捨てたの?」と聞きながら、なくなってしまったことを受け入れたみたいです。
ビデオがなくても、おもちゃで機嫌良く遊んでいました。

17日には、ゴン太が自分から、
「もうビデオなくてもいいで。おとなになったら、ママと一緒にニュース見るで」
と、いいます。
返してほしいためのポーズとも見えません。
あんなに大好きだったウルトラマンや仮面ライダーや赤影のビデオがなくなっても、
たった2日で、平然と喪失を受け入れています。
私たちが以前にも感じていた、ゴン太のスーパー精神安定ぶりを、
強く感じます。
ビデオがなくなって、すねたり、私に反発したりということが、まったくありません。

#このことは、2003年6月12日に書きました
http://souraku.net/souraku/going_naturally/child_loving/momo_ikuji_essay/2003-06.html#198

もう少し、喪失を継続させます。
「完全なあきらめ」が見られたら、ゴン太のいない間に、
そっと、ビデオを元に戻しておきます。

[258] 喪失と、成長

2004-03-16 (火)

きのう、ゴン太のビデオライブラリを没収しました。
「捨てた」といって、手の届かないところへ隠したのです。

きっかけは、ナナがニュースを見ようとテレビをつけたらゴン太がわざわざビデオを見たがったこと。
(いつもそうです)
それから、ビデオに夢中になりすぎて、お風呂に入らそうとしても動かなかったこと。
そのためにナナは (-.-#)

ビデオが消えたゴン太は「まさかほんとになくなるとは・・・」という狼狽がうかがえ、
私をおそれて近づきません。

ゴン太にたくさんのビデオを与えたのは私なのですが、
ビデオでなくても何らかのモノにゴン太は興味を持っていくでしょうし
(だいたいそれを親は気に入らないはず)
それなら、マシなモノ(昔のビデオは幾分マシです)の方がいい。

それに、ビデオなら、自己コントロールを習得しやすいのではないか。
そういう考えもあったのです。

さっそく、いい機会。
数日、ビデオが消失した期間を設けます。
その間に、ゴン太が何を考え、何を思い、何を学ぶか。
楽しみです。
ゴン太の成長を突き放した目で、見守ります。

昨夜は私に近づかなかったゴン太が、今朝はふつうに私になつきました。
何事もなかったかのように、ふつうに。

私もビデオのことは口にしません。

[257] ニコニコ系

2004-03-11 (木)

チャコはハイハイが遅くて、先月あたりからようやく「ずりばい」ができるようになりました。
10ヶ月の今、じょじょにおしりが上がってきています。
ハイハイのまねや、つかまり立ちへの飽くなき挑戦が始まりました。

男性恐怖症もいつもまにかやわらいだようで、このごろは男の人を見て泣き出すことが
めっきり少なくなりました。

ゴン太もニコニコ系だったけど、チャコのニコニコ系はまた違います。
ゴン太は自分から愛想を振りまいて回るタイプ。
チャコは、知らんまにまわりがよってきて相手をしてくれるタイプ。

[256] 赤影参上!!

2004-03-11 (木)

昨日、レンタルビデオやさんで、赤影のビデオを見つけました。
いま、ダイジェスト版は流通しているけど、テレビ放送収録版は絶版のはず。
みると、かなり古いテープです。
さっそく2本借りました。
ゴン太は、一目惚れです。
瞬時に赤影ファンになり、食い入るように見ていました。
私も懐かしさのあまり、ゴン太に「早く寝なさい」とも言えず、
じっと見ていました。

それにしても名作です。

ピアノ線が丸見えというご愛嬌は、それはそれとして、
どっしり芯があって、最近の薄っぺらい作品とは大違いです。

毎日仮面ライダーごっこだったのが、これからは赤影ごっこに代わりそうです。

[255] アイドル「チャコっこセブン」

2004-03-04 (木)

(↑このタイトルにピンときた人はりっぱなハリケンジャーです)

昨日、ナナが眼科へコンタクトの入れ替えに行ったら、チャコが、大人気だったとか。
あの眼科へ行くたびに大人気になるとか。
チャコが、誰にもにこにこして愛想がいいので、みんなもニコニコと答えてくれる。
そしたら、さらにチャコがニコニコ。

いいなぁ。
自分も周りの人もいっしょに幸せにしていけるよう願ってつけた、チャコの名前。
そのまんま形になってるかんじ。
いつまでもこういうチャコでいてほしい・・・

[254] 早口言葉かいな

2004-03-01 (月)

ゴン太のヤツ、なまいきなこと言いよったら、
「あり おり はべり いまそがり って、ゆーてみろ!!」と、
難題をふっかけています。

わかります?
高校の古典で習いましたやろ?
ラ行変格活用の動詞4種類ですがな。
呪文のように覚えさせられましたやろ?

ところが、ゴン太のヤツ、ほんまに言えるようになりましたんや。
「あり おり はべり いまそがり」
そらま、意味はわかるわけないけど、早口言葉の練習みたいなもんですな。

今度はなにしょ?
「いいくにつくろうよりともさん」
「みのうえしんぱいあーるさんじょうせよ(円の体積)」
「殷周秦漢三国晋南北朝隋唐五大宗元明清中華民国中華人民共和国」

そんなん、覚えてどうすんねん?
どもなりませんな。
そんなんより、ネットワーク設定でも覚えた方が役に立ちそう・・・

でも、ヤツは今はデカレンジャーや。