◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  ナナの育児雑記


育児雑記のもくじ
育児雑記の最新記事



ナナの育児雑記(母親の育児エッセイ)

育児真っ最中のナナより


2002年01月

[52] 一段落

2002-01-31 (木)

ゴンタの成長期にようやく私も追いついたようで、
ちょっと前のイライラはだいぶましになってきた。
でもあの時はほんとーに2人でいるのがしんどくて
このままだと育児ノイローゼになるかも・・・ってちょっぴり思っていた私。
モモも育児に積極的なのに贅沢モノだね<私。

そうそうそういえば、
最近になってゴンタが人見知りっぽい態度をとるようになってきた。
というか、多分、自分の身近にいる人(親や祖父母など)と
余所の人の区別がつくようになってきたらしい。。
ちょっと前までアカの他人にも愛想をふりまくっていたのに、
ここのところ、お出かけした出先ではハズカシがる態度を見せるようになってきた。
家の中だとあいかわらず奇声を発したり大暴れなのに、
外にでるとなぜか大人しいんだよね。。。
って、時間が経ってなれてくると本性あらわすけどさ。
このくらいの時期の子供はみんなそんなものなのかな。

[51] えほん、、その2

2002-01-27 (日)

「じごくのそうべえ」をゴンタ以上にすっかり気に入ったモモ。
早速、そうべえシリーズの「そうべえごくらくへゆく」と「そうべえまっくろけのけ」
も買ってきて、1日に何回もゴンタに読み聞かせている。

このシリーズ、ストーリーがはちゃめちゃで大人が読んでもほんと楽しい!!
しかも語り口調が関西弁なので、モモが読んでいるのを聞いてると
とってもおかしい。(関西圏の人には特におすすめ。)
私にはわからないところ(方言が??)もあったので後で聞いたり、
絵をみながら確認したりと、何回読んでも味がある。

って、肝心のゴンタにこの楽しさは伝わっているんだろうか・・・

[50] えほん

2002-01-23 (水)

モモが絵本のことを書いていたけど、
ゴンタが読んでとせがんで持ってくる絵本が決まってきた。

「タンゲくん」と「かいじゅうたちのいるところ」と「かちかちやま」と
つい先日買ったばかりの「じごくのそうべえ」。
どれも1歳児以上を対象とした絵本ばかりだけど、
話の内容と絵が気に入って購入したものばかり。

最後までじっくり聞いてないことの方が多いけど、
お気に入りのものはみんな絵に特徴があって色遣いがカラフル。

そういえば、かちかちやまの田島征三さんと
じごくのそうべえの田島征彦さんは双子の兄弟なのね。。
違うタイプの絵だけど、それぞれにいい味がでています。

[49] むずかしいことだけど

2002-01-19 (土)

自分の子供に対して、
いい学校(この場合、偏差値の高い)にいってほしいだとか
いい会社(今時そんな会社あるか??)に勤めてもらいたいだとか・・・、
いろいろと自分の夢を託す親も多いことでしょう。

でも私は良い学校や会社に行ってもらうことよりも、

困っている人がいたら一緒に解決してあげられるような力を身につけてほしい。
無人島に行っても一人で生きていく力を身につけてほしい。
遠い国で辛い目に遭っている人たちのことを考えられるような子になってほしい。
失敗したら悔やむよりその経験を生かす力を身につけてほしい。
自分の思っていることを他の人に上手に伝えられるような力を身につけてほしい。。。

と思う。

モモも書いていたけど、そう思うからには
まず親が見本になる生き方をしないとね・・・(^。^;)
けっしてコントロールしようとするのではなく、
それが普通のことだよ、と思えるように。

[48] ながれにまかせて、、

2002-01-19 (土)

今日もかなりキレ気味の私・・・。
ついつい、ゴンタが自分の思い通りにならないと
大きな声をあげてしまう。
自分でもあとからいけない、いけない・・とわかっているんだけど、
目の前で次々と反抗、抵抗されると
こっちもイライライライラ・・・してしまって、
堪忍袋の緒がきれてしまう。(T.T)

大きな声をだすのって、
実は私が自分の親にやられて一番イヤだったこと。。
だから本当はゴンタにもしたくない。
落ち着いて、冷静に、大きな目をもって
ゴンタに注意したり、叱ったりできたら一番いいのになぁ・・・・
でも私もマリア様のようにはなかなかいかないしなぁ・・・・

って、よくよく考えてみたら
自分の思い通りにならないから
イライラしたり、しんどくなったりするんだよね。
子供には子供の人格があって、彼なりにいろんなことをやってみたり
試したりしたい時期なんだよね。。今はさ。
ってことに気づいたら、ちょっと心が軽くなった。

何にでも(子育てはもちろん、人生にも!)言えることだけど、
何かを自分の思い通りにしようとしたり、コントロールしようとしたりすると
トタンに何もかもがしんどくなってしまうことがある。
だからそういう時は、自然の流れに任せるのが一番なのかもしれない。

[47] だから今日も泣こう。

2002-01-13 (日)

モモも書いていたけど、ゴンタのパワーアップぶりにへこみ気味の私。
オムツを換えるのも、着替えをするのも、ご飯を食べるのも一苦労。

子育てってこんなにタイヘンだったのね・・・
私って子ども育てるのあんまり向いていないのかなぁ・・・
子ども一人でこんなんだったらもっと増えたらどうなるんだろう・・・
といろいろ悩めるママ2年生。

でもね、、、、、
あんまりにもしんどいときはゴンタと一緒に叫びまくることにした。一緒に泣くことにした。
「私だって泣きたいよー、ゴンタが何を言いたいのかわからないもん」って。
そしたら少しは楽になった。

それに、無理していいお母さんしているよりも、
しんどいときはしんどい。嫌なものはイヤだよ。お母さんだって悩んでいるんだよ。
って、メッセージを子どもにもちゃんと伝えた方がいいと思うから。

親が自分の気持ちを素直に表現していたら、
子どもも自然と自分の気持ちをすなおに表現できるような子になると思うんだけどなぁ。

[46] そうじき

2002-01-13 (日)

ここ数日のゴンタのマイブームは掃除機。
オモチャのハンマーや木の棒(家の材料の切れ端・・)などを掃除機に見立て
床を「ぶーん、ブンブン・・・」と言いながら部屋の行き来しています。
私が掃除機をかけているときもなぜか一緒に持ち手をもちたがり
持たせてあげると(#^.^#)とめちゃスマイルを返してくれます。

[45] オッパイ話パート2

2002-01-04 (金)

うちは母乳オンリーなのでほ乳瓶を使ったことがありません。
一応出産前に用意はしたけど未使用のまま。
それに果汁や野菜スープなどの離乳食準備品?なども特に
気を使ってあげたわけでもないので、必要性もなかったな。
あー、月齢が小さい頃の水分補給もほとんどオッパイばかりでした。
お茶もたまーに気が向くとあげていたけど、スプーンで十分だったし
水分を多く必要とするようになった頃には自然とストローもマスターし、
みそ汁やお茶でもそのまま茶碗からあげてたら案外飲めるもんなんです。

で、、たまーに「うちの子はほ乳瓶嫌いだから・・・」という表現を聞いたり
するのですが、これってヘンじゃないですか??
ほ乳瓶、キライでいいじゃない。オッパイちゃんと飲むのなら。

あーでも、他人にあずける必要性のあるワーキングママさんなどからすると
ほ乳瓶をなかなか受け付けてくれないのも困るものなのかなー。

って、確かに母乳で育てるのは専業主婦なら特に困ることないけれど
働くママさんからすると大変そうだな。
私が働くママさんだったら無理して母乳にこだわらないかもしれないし。。

私的に、オッパイも布オムツも、子どものため・・・とか言いながら
けっこうママさん自身の自己満足が大いに関係あると思ってます。
だって、私、しんどーいと想いながらも子どものために乳をあげている自分が好きだもの。
それに、オムツを干している時の幸福感ってなんとも言えないものがあるし。

[44] オッパイまん

2002-01-03 (木)

1歳3カ月になるゴンタ。ご飯やおやつもほどほど食べるけど、
オッパイもまだまだ飲んでいます。
特に甘えたい、かまってもらいたい時や眠たい時こそ欲しがります。
(ほとんど精神安定剤&睡眠薬状態にになってきた・・・。)
私的にはゴンタの方からいらないよーという卒乳まであげたいつもりではいるんだけれど、
最近、オッパイあげるのがしんどい時がでてきたぞ。
だって、夜も2.3時間おきに起きなくちゃいけないし、忙しい時に限って
オッパイ欲しがるんだもん。こりゃー私の方が先に断乳モードにはいりそう。。

とかいいつつ、けっこうオッパイあげるのが好きな私。
長い人生の間たった3.4年(そんなにあげるかな・・)の間じゃないと思い直してみたり、
一生オッパイ吸っているわけじゃあるまいし、、と思ってみたり。

とにかく、今まで何の苦労もなくオッパイをあげることができただけ
素晴らしい事じゃない!!オッパイさんありがとう。
もうしばらく、ゴンタくんがいらなくなるまでお仕事してね。。


*母乳を止めるのに「断乳」と「卒乳」という言い方があるのですが、
「断乳」は母親側の都合で止めること、「卒乳」は子どもの意志で止めることと
私的に認識しています。