◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  子どもが好き >  60年後も通用する教育 >  時代の転換期


60年後も通用する教育を始めよう!!−野殿童仙房小学校私設応援団−

今は時代の転換期、地動説が天動説をくつがえすかのごとし

プロローグ

教育が、変わる・・・

「60年後も通用する教育」という言い方の裏には、「今の教育は長く通用しない」という前提があります。学問が進歩して学んだ内容が変わってしまうというものでもないです。もっと肝心なのは、物事を見る目、真理の探究の仕方、時代に則した生き方を創造すること、こう言えばいいでしょうか。

近年の学術・技術の進歩・発展にはめざましいものがあります。人類の叡智は偉大です。遺伝子工学など、神の領域に近づきつつあるかもしれません。インターネットもそうですね。世界が国境を越えて、蜘蛛の巣のごとくつながりあうなんて、まるでSFの世界ではありませんか。この、果てしない進化の中で、私たちはどう生きていったらいいでしょう? ましてや、私たちの子どもは?

パラダイムの転換

パラダイムシフト」ということが、今の時代のキーワードとして語られます。「価値観の転換」と言ってもいいでしょう。これは簡単なことではありません。昨日当たり前だったことが、今日は当たり前でなくなる。昨日笑われたことが、今日は常識となる。そんな変化です。先ほどの、学術・技術の進歩も、いまそんな曲がり角にきています。いや、学術だけではありません。社会、政治、経済、どれをとっても、大きな曲がり角にあります。これから、激動、激変の時代に入っていくでしょう。それは、辛いものであるかもしれません。老い先短い私たち(いや、まだ若いです)は、悲観し、嘆いていればよいかも知れません(私はイヤですが)。でも、私たちの子は、生きていかねばなりません。悲観ではなく、希望を抱いて。辛い時期をのりこえたら、新しい時代が始まるでしょう。古い時代を脱ぎ捨てて。

世の中が変わるなら、教育も変わらねばなりません。パラダイムの転換を受け止め、新しい時代の創造に参加していけるよう、子どもたちに力をつけてやらねばなりません。未来を予想するのは困難ですが、「時代が変わる」という認識を確かにもつなら、しっかり変化を見据え、対応していかねばなりません。パラダイムの転換、そんな先のことではありません。すでに始まっていますよ。

次へ




相楽ねっと    60年後も通用する教育