◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然に田舎暮らし >  ナナの体験記


ナナの田舎暮らし体験記

動物と植物

 春になって植物はもちろん、野生の動物たちもたくさん姿を見せるようになってきました。こちら田舎では都会ではめったにお目にかかれなくなってしまった動植物たちをよくみかけることがあります。ナナがこちらに移り住んでから始めて見た野生の動物、植物というものもたくさんあります。

 動物だと、ウサギ、タヌキ、キツネ、シカ、イノシシ、マムシ、モリアオガエル、キジ、・・・などです。植物だと、ワラビやフキノトウ、セリなどの山菜はもちろん、山ツツジや山ユリ、フジなどの野生の花、それから秋になるとアケビも見かけます。

 当たり前のことかもしれないけれど、季節の移り変わりを動植物たちは知らせてくれます。動物たちが活発に動きだしたり、植物たちが日ごとに成長していく変化を見るにつけ、春なんだなぁ〜と実感したりします。

 そういえば、人間にとってはよいことばかりでもありません。動物が活動し始め、畑も青々と繁りはじめると、人間よりも前に野生の動物たち(主にシカやイノシシ、モグラなど)に田や畑を荒らされることも度々あります。近隣の地域ではサルの被害もすごいとか。元をたどれば自然を破壊し、野生動物の生活場所に侵入しだした人間が原因かもしれないけれども、特にここ最近は深刻な被害を受けている家もあるようです。

 それから話はちょっと飛びますが、私がこちらに来てから遭遇したとってもイヤなお客様がいるのですが、だれかよい退治方法を知りませんか?そのお客様とは「カメムシ」さまです。始めて家の中で見つけた時、思わず手でつかんで外に逃がしたのですが、その後の仕返しといったら・・・。(×_×;)

 毎朝鳥の声で目覚め、時には自然の恵みをいただき、空や山々の(何気ない道ばたに咲く花たちの)美しさをほんとに素晴らしいと感じるようになったのは、この田舎に移り住んできてからのことです。

次へ




相楽ねっと    ナナの体験記