◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然に田舎暮らし >  童仙房物語 >  むらまちの誕生


童仙房物語

むらまちの誕生 その8 −jazz & 花火の夕べ−

このページにある内容は、1997年当時のものです。
掲載内容をもとに関係機関へのお問い合せ等はなさらないでください。

満員御礼!

あまたの聴衆

8月9日、笠置町で花火大会があるのにのっかって、切山のYさん宅で、jazzの演奏を交えて、「jazz & 花火の夕べ」というイベントをしました。
予想外の盛況ぶりでした。
参加者は、Yさんの友だちの友だちまでふくめて、総勢62人!
おうちがはち切れそうでした。

私が4時過ぎに到着すると、とっくに始まってました。
それぞれが持ち寄った料理がところせましと並べられ、豪勢なバイキング。
お酒も入っていて、いい感じ。

花火をバックにジャズの演奏

jazz奏者のおふたりが6時頃そろい、6時半からテラスで演奏が始まりました。聴衆の多さに、力も入る。
Tさんの奥さんが、「かたくならんと、お酒でも飲みながら、リラックスしてきいてちょーだい」と、みんなの雰囲気をほぐす。

花火

jazzはえんえんと8時まで続きました。
8時きっかりに、どーん!!!と、1発目の花火。

みんな、ぞろぞろと梅林に移動します。
そこは、広々と笠置町が見渡せ、最高のロケーション。
このあたりはね、街の明かりが少ないから、花火がよけいにきれいなんだよ。

花火を遮る明かりも少なく、しっかり花火を堪能しました。

8時40分に花火が終わると、みんなYさん邸に戻って、簡単な自己紹介。雰囲気がもりあがってるところ、自己紹介までもりあがっちゃってさぁ。しっかり交流できたよ。
童仙房でとれたハーブティーも飲んでいただいて、ほんわかと、お開き。

みんなぁ、ありやとね。(^_-)/☆

お会計について

豪勢な料理

当日、豪勢なお料理が所狭しと並んでいましたが、これらはすべて各人の持ち寄りなので、食事代はナシ。

集めたお金は、jazz演奏者への謝礼として、ひとり1000円。
演奏が始まったころ、私が取り立てに回りました。

前日までは、人数が少なそうで、謝礼が十分でないかもとやきもきしてました。
しかし、62人が寄れば、62000円! じゅうぶんです。

花火

私が回っていると、みなさん、こころよく支払ってくれました。
そして、ある人が、「なんで1000円やねん。もっとあつめんかい。しっかりギャラはろうたらなあかんがな」と言ってくれました。

「高い!」といわれたら困りますが、「安い!」と言われたのです。
私は (→。←) と、感激しました。

花火がとーってもきれいでした。

#62000円のうち、10000円は、ご自宅を解放して下さったYさんに渡し、残り全額をjazz演奏者のおふたりに渡しました。

目次へ




相楽ねっと    童仙房物語