◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然に田舎暮らし >  童仙房物語 >  むらまちとともに


むらまち交流協会

童仙房物語

むらまちとともに −その10−
 フリーマーケット総集編;イントロ

このページにある内容は、1997年当時のものです。
掲載内容をもとに関係機関へのお問い合せ等はなさらないでください。


 ことの発端は、あるメーリングリストで、私が村おこしの話題をつづけて投稿していたところ、「知り合いが大きなテントを倉庫に眠らせているが、それを村おこしに活用しないか?」という話があった。私はその話を区長に通す。すぐに区の役員会が開かれ、「無償か? ほなもろとこ!」とすぐに決まる。テントは、みなが使えるように、区で受け取って、区の所有にしよう。そして、村おこし事業を進めていくには、区より有志の方がいいだろうと。

 8月24日、童仙房区の役員と私、計6名で、大和高田市の株式会社マルキンさんへ、テントを受け取りに行った。9月6日、区の役員で、テント建設。新聞記者やテレビ取材班が来た。

 テントを建てたら、なにかしなければ。その思いで、私はフリーマーケットを提案。

 理由は、
 1.地元の農家が、平等に参加できる。
 2.都会の人も、お客さんでなく、主体的に参加できる。
 3.新米のアピールに絶好。
 4.農家は、決められたことを同じようにこなすことには慣れていても、自分で考え、工夫し、自分で行動することには慣れていないから、そういうことにふれてほしい。
 5.都会の人の出店を見て、都会の人の感性を知ってほしい。
 6.最悪、地元の参加がなくても、イベントは成り立つ。

 しかも、フリマは、数十人規模では成り立たない。数百人から千人を越える人が来なければ。それには、マスコミを最大限に利用する必要がある。そのためには、フリマ単品ではムリ。無償提供されたテントを地元で建て。さらにイベントに活用することをセットにしなければ。

 童仙房区は、時期尚早で、区が主催にはなれないが、おまえやってみろ!とのことで、私の主催でやることに。テントは区で建てたが、フリマは個人主催。これで、地元は混乱に陥る。

 個人主催のイベントなど、山村の人には考えられない。しかし、私に言わせれば、やってみなければ分からぬことに、区では取り組めるはずがない。

 「区長、なにやっとんねん!」と、批判が出た。が、私には批判が出ない。フリマをやることそのものにも、反対は聞こえてこない。いや、様々な声はあったのだが、私を否定する声は聞こえなかった。私は、区の全家庭に、テントのいきさつやフリマの趣旨を書いて配った。

 なかば、強行に進める私。

 京都新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞各京都版に載る。

 京都府が進めている「木津川フィールドミュージアム」が正式後援事業に認定してくれた、チラシを大量に印刷し、各市町村に配布してくれたほか、私が一部の団地に新聞折り込み。

 童仙房区も、後援に入れてくれと、言い出した。

 南山城村役場も、井戸、水洗トイレなど、資金援助をはじめ、積極的にバックアップ。行政が、機動的に動いてくれた。

 地元の理解は鈍い。あえて、地元は理解しにくいことをやってるんだから、当たり前だろう。当日が近づくにつれ、出店の動きが出てきた。営農組合や婦人会などの団体としての参加は、私の方で断った。個人で参加してほしいと。

 当日が近づく。これだけタンカきってて、空振りに終わったら、切腹もんだろう。

 私は、私のネットワーク(インターネットも含めて)を駆使した。

 一抹の不安を残しながら、当日を迎える。

次へ




相楽ねっと    童仙房物語