◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然に田舎暮らし >  家づくり


家づくり

家づくり 46日目 12月1日(土) −ミニハウス天井、大引き−

目次   次の日   おうちの間取り図



46日目。

今朝は、知人たちから、ウイルスに感染したがどうすればいいかとの問い合わせに追われ、午前中いっぱいかかってしまった。アウトルック、アウトルック。あーあ。

昼ごろ、現場に行ったら、白影さんがハウスの金具などを留めてくれていた。私は、正直言って、工事現場のプレハブに毛の生えたようなものを想像していたが、思いのほか、立派なハウスだった。そのぶん、何倍も手間がかかる。しかしこれは、私たちにとって、うれしいことなのである。

昼からは、青影さんも来てくれて、3人で作業。昨日、屋根はできているが、その裏側に天井を貼っていく。はめ込み式で、目地部分にビスを打つが、まったくクギもビスも見えない。すばらしいできばえ。ちゃんと、天井裏に断熱材も入れてある。

天井 天井

天井を張り終わると、かなりカッコがついてきた。あとは、床と窓、ドア。

天井を貼り終えたハウス 天井を貼り終えたハウス

では、床にとりかかろう。大引きの位置は、金具が取り付けてあって、決まっている。大引きの下に、90センチ間隔で束を入れる。ハウスを建てたところは、湿気が来やすそうだから、束は、木ではなく、モルタルにした。写真のように、板きれで型枠を作り、モルタルを流し込んだ。これなら絶対に腐らない。

大引き 大引き

束はモルタルで 束はモルタルで

モルタルで巻いた束の芯には、細い木を立ててある。だから、大引きは、固定されている。つづけて、根太もしいた。23センチ間隔。外は真っ暗。白影さんと青影さん、8時まで頑張ってくれた。ホントにホントに、ありがとう。

次へ




相楽ねっと    家づくり