◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然に田舎暮らし >  食べまひょか >  ぼたん鍋


ボタン鍋

ボタン鍋ってこんなにカンタン

 今夜も、ふと、ボタン鍋。

 シシ肉は、ひとり100gもあればじゅうぶん。においが・・・ってよく言われるけど、いったん冷凍すればにおいません。しいたけも、最近は中国産に押され気味だけど、やっぱり産地のしいたけはぜん全然ちがいます。

 あらかじめ、野菜を切っておきます。ぜひほしいのは、しいたけ、白菜、ねぎ。あとは、葉っぱものや、豆腐、にんじん、しらたきなど、あったらいいかも。

シシ肉

次に、シシ肉を用意します。あらかじめスライスしてあればいいのですが、肉のかたまりを買ってきて自分でスライスするには、コツがあります。肉のかたまりが柔らかいと、薄く切るのが困難です。
冷凍してある肉を解凍するとき、あまり早く解凍せず、肉を切る1-2時間ぐらい前に冷凍庫から出しておきます。
レンジなどを使ってはいけません。そのまま置いておくだけです。すると、肉を切るころには、少し解けかけているものの、まだまだ固い状態です。
包丁で切るのに力がいるかも知れませんが、力がいるぐらいの方が、薄くきれいに切れます。

味噌

野菜と肉の用意ができたら、鍋に湯を沸かし、先に味噌をといて味を作ります。ボタン鍋用の味噌もありますが、私たちは自分で作っています。
味噌は、赤味噌(赤だし)を使います。味噌をといたら、砂糖とみりんを入れます。ボタン鍋は、油がでてくるので、甘い味付けがよく合うのです。
「え?こんなに甘くするの?」っていうぐらいでちょうどいいのです。まあ、それでもケーキほどは砂糖を使うものではありません。ダイエットをしたいなら、まずケーキからどうぞ。

煮込む

味ができたら、野菜を入れます。

難しくないです。ふつうに入れてください。ぐつぐつ煮込みます。

野菜ができあがったら、食べる準備にかかります。シシ肉はまだ入れてはいけません。煮るとすぐに固くなってしまいます。至急、食べる準備をしてください。室内なら、この段階までを台所のコンロでしておき、ここから、コタツの上にカセットコンロをおいて、鍋をそちらへ移すのが(我が家の)定番です。

肉を入れる

肉はまだです。先に乾杯をすませます。いいですか?いつでも食べられる態勢が整っていますか?では、シシ肉を入れましょう。すぐに、赤い色がなくなります。そうしたら、どんどんあげていきます。

体のシンからぽかぽか暖まるかのような、このおいしさ。「生きててよかった〜」ってしみじみ言った人がいます。しいたけとイノシシ、そして旬の野菜がとろりととけあって、絶品です。

食べる

え〜っっっっっ?あなた、食べたことないの〜???そらあきまへんがな。

イノシシ様、今日もありがとうございました!

               合掌!!(-人-)ナームー...



相楽ねっと    ぼたん鍋