◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然にパソコン >  一太郎Office >  一太郎Office活用講座 >  講座もくじ


ビギナーのための「一太郎Office」活用講座

〜 五郎で住所録 その15 〜

No.0032  2001/03/06 週刊 (無料)

◆第15回 データの集計とグラフ ◆

+++++++  も く じ  ++++++++

     1.集計の補助用に項目を追加
     2.1ヶ月単位で体重の平均を求める
     3.毎日の体重の推移をグラフ化
     4.グラフを整える

+++++++++++++++++++++

五郎の説明において、ときどき、マクロや関数を使ってきました。 「ビギナーのための」というタイトルなのにと、とまどわれた方も いらっしゃったことと思います。 マクロも関数も使わず、テンプレートだけで五郎を使っていくことも できますが、それは主として記録のためのデータベースという ことになるでしょう。 しかし、それならば、健康管理や住所録という特定の目的に特化した フリーソフトやツールでも間に合うし、むしろ、五郎よりも 使い勝手がいいでしょう。 あえて五郎を使うのは、自分で自由にカスタマイズでき、 データを自由に分析したり加工したりできるのが魅力なのです。 そういった意味で、しばしばマクロや関数にふれてきました。 その場で理解できなくても、「こういったことが可能なのだ」と 受け止めていただければ幸いです。

【1.集計の補助用に項目を追加】

前回つくった、「ダイエット管理」の表を開いて、一覧表示形式で表示してください。ある程度入力が進むと、どのぐらいのぺースで体重が推移しているか、知りたいですね。

1ヶ月単位で、体重の平均を求めてみましょう。そのためには、「グループ化/集計」という作業を行います。いま、日付の項目はあっても、「月」の項目はありません。日付でグループ化すると、1日ごとにグループ化されてしまいます。そこで、「月」の項目をあらたに作ってみましょう。

「定義編集」ボタンを押すか、「表」→「定義編集」を実行し、定義編集画面に移ってください。

「項目名」に「年」を追加します。データ型は「文字列」(固定長、長さは4)と設定します。「入力補助」タブの「連動式」に  Year ( [入力日] )と入力します。入力日のデータから、年に当たる部分を抜き出すという意味です。(関数は、マクロバイザーから日付時刻を参照すればわかります)

同じように、「月」という項目を作ります。連動式には  Month ( [入力日] )とします。


参照図

「表定義終了」ボタンを押すか、「ファイル」→「表定義の終了」でもとの画面に戻ってください。

次からデータを入力するたびに連動が実行されて、「年」「月」は自動で表示されますが、すでに入力されたデータについては、手動で連動を実行してやらないといけません。「編集領域」にマウスをおいて、「編集」→「レコード選択」→「全レコード選択」のあと、「データ」→「連動の再実行」


参照図
【2.1ヶ月単位で体重の平均を求める】

では、集計してみましょう。「データ」→「グループ化/集計」→「設定」を実行します。「グループ化/集計」ダイアログがでましたね。「グループ化/ソート」ボタンを押します。「グループ化/ソートの設定」ダイアログがでました。「グループ化項目」の「項目名」に「年」と「月」をセットします。これで、同じ年のデータがグループ化され、同じ年の中で、同じ月のデータがグループ化されます。


参照図

OKを押すと、「グループ化/集計」ダイアログに戻り、「グループ化項目」に年と月がセットされています。平均を取りたいのは「月」ですから、「月」を選択して、その右側、「集計:[月]に対する集計」の「現在の体重」で「平均」を選び、「年」で「最大」を、「月」で「最大」を選びます。ここで行った設定は、データと別の「集計行」の表示に反映されます。年と月はグループ化されていますので、グループ内はすべて同じ値です。最大も最小も同じです。とりあえず最大値を表示させます。ここでOKを押せばいいのですが、この集計を再度行うかも知れないときは、「登録」ボタンを押して、設定を保存しておきます。次回は、「条件呼出」ボタンを押して、設定を呼び出します。


参照図

ここで、OKをおせば、集計が完了です。「データ」→「グループ化/集計」→「表示行」で、「データ行」のチェックをはずすと、集計行だけが表示されます。


参照図

「データ」→「グループ化/集計」→「解除」で、集計を解除します。

【3.毎日の体重の推移をグラフ化】

毎日の体重の推移をグラフ化することもかんたんです。三四郎やExcelなどの表計算で、グラフを作成することはよく知られていると思いますが、五郎でも同様に、グラフ化できます。

グラフ化する前に、日付でソートしておきます。編集モード(追加領域が見えている状態)なら、「編集」→「編集の許可」で、閲覧モードに変更します。

「ツール」→「グラフ」→「対話による作成」を実行します。「グラフ対話作成」ダイアログが出ました。「項目一覧」で、「入力日」と「現在の体重」にチェックを入れます。そして、次へ進むと、グラフの形を選ぶダイアログが出ます。折れ線グラフを選びます。そして、次々進み、最後のダイアログでタイトルや軸タイトルを適宜設定して、「完了」。


参照図

苦もなく、グラフができたでしょう。

【4.グラフを整える】

さて、できあがったグラフ、少々見栄えの悪いところもあります。まず、日付の文字が重なっています。日付軸の上で左クリックし、選択状態にしておいて右クリックし、「項目軸の設定」を実行します。「項目軸」ダイアログが出たら、「目盛設定」で「主目盛間隔」の「自動」のチェックをはずし、数値を10にしてOK。


参照図

すると、日付が10日刻みとなり、見やすくなりました。

縦軸(体重)も、「第1軸の設定」ダイアログで変更してみましょう。最大値を100、最小値を50、主目盛間隔を5、副目盛間隔を1にしてOK。


参照図

あと、ラベル文字やタイトル文字や背景色など、変更したい箇所を選んで右クリックすることで、様々に変更できます。


参照図

作成したグラフを印刷するには、「ファイル」→「印刷」を実行します。

「ファイル」→「名前を付けて保存」を実行すれば、HTML形式で保存され、Webサイトで公開できます。

「ファイル」→「データベース内部に保存」を実行すれば、マクロとして保存されます。次回、呼び出すには、「ツール」→「マクロ」→「実行・編集」で保存した名前を実行します。

      *   *   *

五郎の機能はまだまだうんとたくさんありますが、この辺でうち切って、次回からは三四郎へ移りたいと思います。

次のページ



相楽ねっと    講座もくじ