◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  自然にパソコン >  パソコン買うなら


パソコン買うなら・・・

ショップ製PCって、ホントに大丈夫?


DOS/Vパラダイス
パソコン買うなら BACK→ 機種を選ぶ前に NEXT→ パソコン内部と、B.T.O.で構成の考え方 購入は→機種を選んでB.T.O.画面へ

ショップ製パソコンを一度でも買ったことのある人なら、ショップ製がすぐれていることはわかると思いますが、初めてという人は、不安があるでしょう。DOS/Vパラダイスについて、よくある不安に答えてみたいと思います。

組立式なの?

最も多い誤解です。「組み立てキット」を選んだら、自分で組み立てることになりますが、それ以外の機種は、組み上がった状態で自宅まで送られてきます。OS(Windows)も同時に選択すると、Windowsもインストールされています。MS-Office(WordやExcel)も選択したら、これらもインストールされています。

組立式(自作)というと、

  1. ケースを開けてパーツを組み込む
  2. Windowsのインストール
  3. 各種ドライバのインストール
  4. アプリケーションのインストール

という作業が必要です。本体だけを買ったとき、2-4の作業が必要です。本体+Windowsで買ったとき、4の作業が必要です。本体+Windows+MS-Officeで買ったとき、MS-Office以外の4が必要です。

たとえば、メーカー製の場合、1-3が不要で、4については、どっさりソフトが入っています。先述のとおり、不必要なソフトがたくさん入っているのはぐあいの悪いことなのですが。

ショップ製の場合、1-4のどの段階のものを買うこともできます。1は「組み立てキット」のみですので、一般にショップ製は2-4で考えることになります。

保証がない?

これも誤解です。メーカー製とかわりません。

このページの上にある[DOS/Vパラダイス]のバナーをクリックしてDOS/Vパラダイスのサイトに入り、「サポート」を参照すると、保証内容が詳しく書かれています。DOS/Vパラダイスのオリジナルパソコン(Prime)の場合、「Prime」のページにこう書かれています。

すべてのPrimeパソコンには1年間保証が標準で付いております。
また、オプションで、
●水漏れ、破損などの事故でも安心な「パソコン保険」
●ご自宅でのトラブルに「出張セットアップサービス」や「オンサイトサポート」
●お客様宅まで故障品を取りに伺う「引取保証」
●保障期間を3年まで延ばせる「延長保障」
等もご用意しておりますので、お客様のスキル、ご要望に合わせたサポートサービスを、秋葉原サポートセンターを始め、 北海道から九州まで、全国28店舗にて、店頭、お電話、e-mailにてご提供しております。

自分で中身をカスタマイズできるということは、同じ機種でも人によって中身がちがうわけです。使い慣れた人なら、自分が買ったパソコンのパーツ構成をすべて把握しているでしょうが、慣れていない方は、そうもいかないでしょう。しかし、DOS/Vパラダイスの場合、パソコンについている番号をつかって、ホームページから自分の「Prime PC 構成・保証内容の確認」をチェックすることができます。どの客が、どういう構成で購入したかの記録が蓄積されていて、自分の記録を教えてもらえるのです。もっとも、購入後にパーツを変更・追加することはよくありますし、そうなると、ショップでは把握できませんが・・・

ここだけの話ですが、DOS/Vパラダイスをはじめ、パーツショップには、根っからパソコンが好き!!という従業員さんが多いので、パーツやパソコンに対する知識も豊富だし、面倒見もいいようです。あまりいうと、メーカーさんや電気屋さんにわるいので・・・

説明書、マニュアルは?

メーカー製パソコンは、ていねいなマニュアルが箱に入っていますね。それと比べたら、マニュアルは貧弱といわざるを得ません。(^_^;)

マニュアルは何のために必要か、と考えると、Windowsを使うため(ソフトウェア)と、パソコンのトラブル・周辺機器接続・拡張のため(ハードウェア)でしょうが、メーカー製の場合、Windowsまわりを独自仕様にしていることも多く、独自マニュアルが必要ですが、ショップ製はWindowsそのまま(素直な形)ですので、市販の解説書がだいたい通用します。

パソコンのトラブルを調べたいときは、1年以内ならサポートに電話なりメールなりで質問すればいいでしょうし、それ以降なら、パソコントラブル関係の市販本が通用するはず。でも、最も頼りになるのは、インターネットで検索して調べることですが。パソコントラブルは、メーカー製の場合も、マニュアルではなかなか厳しいでしょう。

周辺機器接続は、パソコンのマニュアルというより、各機器のマニュアルの方が役に立ちます。また、パソコンの拡張も、パソコンそのものが、規格通りの作りなので、一般的な情報(市販本、インターネット)が通用します。

故障やトラブルの時は?

そもそも、ショップ製は、他の購入パターンと比べて故障やトラブルが少ないはずです。それは、パーツの信頼度が高いことと、独自規格に走らず、汎用的な構成となっているためです。逆に言うと、故障やトラブル時、メーカー製ならメーカー外の人がケース内をさわったり故障の診断をすることが難しいのに対し、ショップ製は少しの知識があればだれでもケース内をさわったり診断したりできます。もっとも、ショップじたいがサポートしてくれますが。

まわりに先生が必要?

これは、メーカー製でもショップ製でも同じでしょう。メーカー製は、「初心者でもカンタン」と謳っているものが見受けられますが、「カンタン」というのはニュアンスの問題で、実際はそれなりに勉強も努力も必要です。しかし、初めてパソコンにさわる人でもがんばれば使えるようになるという程度には「カンタン」であります。とすると、ショップ製も変わらないです。

違いがあるとすれば、「最初の一歩」でしょうか。購入そのものが、電気屋さんで買う方がカンタンです。それに、メーカー製なら、箱から出して電源をいれると、だいたいそのままで使えます。インターネットの接続も、ナビゲートしてくれるので自動的に完了したりします。となると、自分が了解したつもりないのにいつのまにか契約していたとか、プロバイダの選択の余地がなかったとかいう問題も起きますが。ショップ製も、オプションで、最初の一歩を助けてもらえるようなサポートを選択できるので、先生がいなくても、まず大丈夫といえるでしょう。とはいっても、身近に教えてくれる人がいるにこしたことはありませんが。

次へ


パソコン買うなら BACK→ 機種を選ぶ前に NEXT→ パソコン内部と、B.T.O.で構成の考え方 購入は→機種を選んでB.T.O.画面へ


相楽ねっと    パソコン買うなら