◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   ほな自然にいこか〜 >  ボランティア >  骨髄移植ドナー体験記


ボランティア体験記

骨髄移植体験記 その1

 昨年(1999年)、骨髄バンクから適合する患者さんがみつかったと連絡を受け、ぶじ、骨髄の提供をさせていただきました。わずかだが自分にもリスクがあること、家族の同意、種々の検査、仕事のやりくり、なにより、患者さんの生死を私の決断と健康が左右してしまうという怖ろしいこと。1年近くがたった今、提供させていただいてよかったという心境を、綴ってみたいと思います。

7年前、高校の同窓会から 卒業生に協力の呼びかけがあった。卒業生の子が、白血病にかかり、骨髄移植しか助かる道はないと。ちょうど、骨髄バンクが設立されて間もないころで、バンクの知名度はまだ低かった。かろうじて骨髄バンクの存在を知っていた私は、まよわず、バンクに登録することにした。どうせなら、同窓生の子ひとりへの支援より、その子と同じ苦しみを抱えるすべての人を支援したい、と思ったから。

バンクへ登録 には、家族の同意がいる。当時、独身だった私は、両親に、「骨髄バンクに登録すんで」と電話した。正直、両親は登録してほしくなかったようだ。言い出したら聞かない私を説得するのは不可能と、あきらめていたようだ。同意したかどうかわからないけど、反対はしなかった。ともかく、家族の同意はOK(ということにしておいた)。仕事が休みの日、骨髄バンクへの登録を受け付けてくれている病院へ行った。登録作業は、採血と、個人情報の記入。登録した以上、ドナーに選ばれることを夢見るが、確率は低い。不安や怖さはなかった。登録していながらヘンなこと言うが、実際に提供するのはドラマの世界であって、自分には起こり得ないと、思っていたかもしれない。

同窓生の子の死 が知らされた。おおぜいの支援も間に合わなかった。両親のメッセージがあったが、不思議と悲壮感はない。支援者たちへの深い感謝と、なにより、短い生を自分たちの元で生き抜いた我が子へのいとしさ。このとき、はじめて骨髄移植の意味の大きさとドナー登録したことへの覚悟がコンコンと自分の中でわいてくるのを感じた。ぜひとも、提供するチャンスに恵まれたい。でもそれは、自分の努力でどうなるものでもない。その日が来るのを、祈って待つのみ。

第二次検査 の通知が来たのは、そのすぐ後。やった!ドナーに選ばれる!と舞い上がった私は、入院の段取りを考える。血液センターで採血し、「ドナーの可能性はどのくらいですか?」と聞く。「第二次検査は、多くの人が受けます。でも、第三次検査まで行く人はわずかです」。第三次検査の通知は、待てど暮らせど来なかった。

モモ 記

次へ




相楽ねっと    ボランティア