◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  加茂町 >  歴史と紹介 >  当尾


加茂町/歴史と紹介/当尾

浄瑠璃寺(じょうるりじ)

岩船寺の位置

静かなたたずまいの浄瑠璃寺。
長い参道の途中には、風情豊かな自然食料理・あ志び乃店があります。
浄瑠璃寺は、岩船寺とならんで、当尾の中心。

あ志び乃店、浄瑠璃寺関連のリンク先は、加茂町のリンク集へ。

浄瑠璃寺の庭は極楽浄土

浄瑠璃寺参道
浄瑠璃寺参道

浄瑠璃寺山門
浄瑠璃寺山門

三重塔
三重塔(国宝)

浄土庭園
浄土庭園

小田原の寺々

 加茂町の南部、奈良市と境を接するあたりは、古くから小田原と呼ばれ、平安時代の後半頃には多くの修行僧が集まり、谷間や峰のひらけたところに小さな庵を営んで仏教信仰にいそしんでいました。

 小田原は大きく東西に二分され、浄瑠璃寺はその西にあたり、西小田原山ともいいます。寺の縁起には、奈良時代に聖武天皇が僧行基に命じて建立させたのがはじまりと伝えているのですが、浄瑠璃寺の記録『浄瑠璃寺流記事』(重文)の記すところは、永承2年(1047)に、僧義明が開基したことを伝えています。現在、三重塔に安置されている薬師如来像(重文)を本尊とする小さな庵から始まったのです。浄瑠璃寺の名も、東方浄瑠璃浄土の主−薬師如来に因んだものです。


描きだされた浄土世界

 平安時代後期の小田原は、まだ庵というほどの寺々が点在する山里でしたが、興福寺との関係が密になるに従って、西の浄瑠璃寺、東の随願寺(現廃寺)と寺観が整っていきました。

 平安時代末期の世情不安も手伝って、現世を離れて極楽浄土を夢見る浄土信仰がたかまりをみせると、浄瑠璃寺の境内に横長の阿弥陀堂(国宝)が建立され、堂内の四方を護る四天王像(国宝)と九体阿弥陀如来像(国宝)が安置されました。

 薬師如来を本尊としていた浄瑠璃寺が、阿弥陀如来の浄土をあらわす寺院に変貌していったのです。新たに阿字池を造り三重塔(国宝)が京都から移築されて浄土庭園が完成したときには、もう鎌倉時代が目前にせまっていました。

 当時、浄瑠璃寺のような九体の阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂は、京都を中心に30棟ほど建立されたといわれていますが、現存しているのは唯一浄瑠璃寺だけです。現在の本堂は瓦葺ですが、創建時は檜皮葺であった。庭園・本堂・九体阿弥陀像など、浄土庭園が当初のままのこっていることから、国の特別名勝に指定されています。


華麗な貴婦人−吉祥天女像−

 本堂のなかに、竹に群れ遊ぶ雀を描いた厨子があります。年に3回開扉される他は、公開されていませんが、美と幸福の女神として知られた吉祥天女像の代表的な仏像が安置されています。

 記録によれば、建暦2年(1212)本堂に安置すると記されていて、この頃造立されたものと考えられています。極彩色がよく残り、優雅な躍動感をもつ像で、どこかエキゾチックな雰囲気を漂わせていまする。


地獄の救世主−地蔵菩薩−

 浄瑠璃寺には、木造の地蔵菩薩像が2体伝わっています(いずれも重文)。等身大の地蔵像は、本堂に安置され、「子安地蔵」と呼ばれていますが、もう1体は、像高1メートルほどの小さい像で、東京国立博物館に寄託されています。

 極楽浄土と対照的な、地獄の救世主としての役割をもつ地蔵菩薩の信仰は、阿弥陀仏の信仰と比例して広まっていきました。浄土世界を描いた浄瑠璃寺に、地蔵菩薩像が安置されたのもうなずけることです。


このページの内容は「タウン&ピープル加茂2000」より

次へ




相楽ねっと    歴史と紹介