◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  笠置町


相楽好きやわ〜

笠置町

歴史と紹介
祭りやイベント
モモとナナのレポート
リンク集
●map( イラストmap )

笠置町のプロフィール

 笠置町は、京都府の最南端の相楽郡の東部に位置し、東は南山城村、西は加茂町、北は和束町、南は奈良市に接しています。総面積23.57km2の広さをもち、木津川に沿って右岸を国道163号、左岸をJR関西本線が走り、笠置山を縫うように府道笠置〜山添線、白砂川に沿って府道奈良〜笠置線が整備されています。

 地形は、南に笠置山系、北に国見岳に連なる山々がせまり、さらにその間に木津川が東西に貫流しています。そのため平地は極端に少なく、地形全体が渓谷的な様相を呈し、いたる所で見受けられる奇石怪石が観光的要素ともなっています。山の斜面が急峻で、しかも地質が硬い花崗岩フォルンフェルスのため、台風や大雨などの時に雨水が大量に木津川に流れ、河川が濁流となり、氾濫するなどの被害に見舞われることがあります。

 気候は内陸性気候で、年間降雨量は1,275mmに達します。気温の年較差、日較差は比較的大きいですが、年平均気温は14〜15度、夏は木津川から心地よい風が吹き渡り、夜間は過ごしやすい日が続きます。地形的に農業よりも林業が発達していましたが、木津川の北側一帯に広がる切山地区は高原的気候で農耕に適しています。

 現在、人口は2,140人、世帯数は716世帯。人口は年々微減傾向にあり、世帯数はほぼ横ばいです。人口の年齢別比率は30代、50代が最も多く、65歳以上の高齢者は全体の25.3%となっています。

(笠置町 町政要覧 より)

河原
【木津川の河原】
関西ではちょー有名なキャンプ&BBQスポット。
シーズン時の休日には、この広い河原が満員電車状態です。



相楽ねっと    相楽好きやわ〜