◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2001年


京都府南部ニュース

加茂町プラネタリウム館 『光と自然と空と〜プラスα』講座

2001年6月3日

2001年のニュースの目次へもどる

○光の視点(外国人画家が見た地域のひかり)
相楽郡加茂町の魅力を肌で感じ愛した、フランス在住の国際的画家ペドロ・ド・レオン氏本人が「自然の光」にスポットをあてて、日の出から日の入りまで、自ら写し感動した、地域の素晴らしさをつめ込んだ写真スライドを加茂町プラネタ館のドームに投影します。

○地球の視点(夜空のかがやき)
星を感じる。星を楽しむ。星を語る。あなたは、日頃夜空を観ていますか?「星の光」をテーマに、この地域から望める四季の星空探訪の旅行に参加しませんか。プラネタドームから出発です。

◆主 催:木津川フィールドミュージアム推進会議
     加茂町あおぞら学芸員(川越・川地・浦本・柳原)

◆共 催:加茂町教育委員会生涯学習課(加茂町プラネタリウム館)

加茂町のプラネタリウム館を舞台に、あおぞら学芸員により、「光」をテーマにして、この地域の素晴らしさや、日頃気づいていない地域の魅力、新たな発見、新たな出会いをお手伝いする講座を開催することになりました。また、すべての方に参加していただけるよう楽しく、感動していただける内容となっていますので、どしどしご参加ください。『光と自然と空と〜プラスα』講座に参加して、あなたも、ビタミンαミュージアムのファンになりませんか?

場  所:加茂町プラネタリウム館(加茂町大字岩船小字がんど2)

日  時:平成13年6月16日(土曜日)  午後1時30分より上映開始

1部/光の視点(外国人画家が見た地域のひかり)
この地域の魅力を肌で感じ愛した、フランス在住の国際的画家ペドロ・ド・レオン氏本人が「自然の光」にスポットをあてて、日の出から日の入りまで、自ら写し感動した、地域の素晴らしさをつめ込んだ写真スライドをプラネタドームに投影します。
さぁ〜あなたも、光のとりこに。

2部/地球の視点(夜空のかがやき)
星を感じる。星を楽しむ。星を語る。あなたは、日頃夜空を観ていますか?「星の光」をテーマに、この地域から望める四季の星空探訪の旅行に参加しませんか。プラネタドームから出発です。

募集等(参加費は、無料!!)

■ 募集人数:定員80名(申し込み者1人につき、最大4人分まで申し込み可能)
応募多数の場合は、抽選。
申込みは、平成13年6月8日(金)まで!!

次の項目を必ず記入のうえ、はがき・FAXまたはEメールにて申し込みください。

■ 記入内容:
[1]郵便番号
[2]住所
[3]氏名
[4]年齢
[5]連絡先(複数の場合、代表者名を記入)

■ 期限必着分まで有効。後日、入場券を送付。
 申し込み先
〒619-1195(専用郵便番号)
加茂町役場企画調整課ビタミン講座 宛
Fax/0774-76-6622
Eメール/kyo-kamo@mvh.biglobe.ne.jp
問い合わせ先
TEL:0774-76-3611(内線230)

次へ




相楽ねっと    2001年