◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2001年


京都府南部ニュース 2001年

加茂町プラネタリウム館 「夏・星カーニバル」へ行こう!

2001年7月8日

2001年のニュースの目次へもどる

京都南部ニュースのレギュラー的存在「加茂町プラネタリウム館」ここが放つ、今夏最大のイベントがこれ。
「夏・星カーニバル」。
加茂町プラネタリウム館から車で約10分の木津町梅見台というところに、この7月11日に「きっづ光科学館ふぉとん」がいよいよオープンする。
この科学館、日本で初めて「光」をテーマとする科学館。
加茂町のプラネタリウム館とはどうもお隣さんとして「仲良く」何かがやれそうだ。
特色ある施設が互いに連携して面白いことをどんどんやってほしい。
そう言えば、井手町の山吹ふれあいセンターにも「天文台」があった。
本物の星の光、プラネタリウムの星の光、そして科学館の未来の光。
この学研都市に誕生する「きっづ光科学館ふぉとん」がきっかけとなって、子ども達が、宇宙や星、そして光を通じて、創造する心、科学する心、自然を愛する心を育んでいけたら素晴らしい。
周辺の施設とガッチリスクラムを組んで、「アッ」と驚くような企画が生まれることを期待したい。
では、「先輩」である加茂町プラネタリウム館からのお知らせを。
************************

夏・星 カーニバル ・:*.・☆。・:*・。.。・:*.・☆。

テーマ* こころ・星・音の交差点 *
開催日時8月11日(土)開始AM11:00〜PM6:30終了
開催場所加茂町プラネタリウム館 加茂青少年山の家
主催加茂町生涯学習課(プラネタリウム館)
対象者幼児・小学生を対象にしたキッズコーナー定員80人 青少年・大人を対象にしたカンテレコンサート 定員80人 一般を対象にした展示即売コーナー・野外コンサート 200人程度
開催主旨青少年育成をめざした夏休み体験事業 人と人が星空・音楽・心のふれあいを求め,プラネタリウム館に集まり楽しんでいただくイベントです。年齢・性別は異なっても,見上げる夜空には輝く星達の姿があり,誰でも同じ宇宙を体感する事ができるのです。ところが,忙しい日々をおくる現代人にとって,星空を見上げることも,それどころか星の存在すら忘れてしまっているように思われます。星は何万光年という彼方にありますが,宇宙を一番身近に感じさせてくれるものです。宇宙 星 に一番近い場所,加茂町プラネタリウム館は,“ここです”と加茂町の皆様にアピールしたい。夏休みの楽しい思い出に,家族・友達との共通の体験を味わっていただきます。そして,リピーターとなっていただけたらと思っております。
内容キッズコーナー(スライム作り・星座つり・迷路遊び) キッズ投影(ペルセウス座流星群と宇宙) 紙すき工作(小学生向け) おはなしとクラフト工作(幼児向け) カンテレと北欧の星ジョイントコンサート(一般向け) 展示即売コーナー・野外コンサート(一般向け)
参加費キッズコーナー・キッズ投影・工作 通常料金 カンテレコンサート 通常料金 野外コンサート(有料一律100円)
参加協力団体展示即売コーナー 植村牧場(アイスクリーム) ならやま会パン工房(手作りパン) いづみ共同作業所(さおり織り他) 相楽作業所(陶器他) ドームコンサート<カンテレと北欧の星ジョイントコンサート> セキモト ヨウコ(カンテレ演奏者) 山口 朋子(カンテレ演奏助演)
野外コンサート 沙弥音(代表 松本 太郎) クルセイド(代表 井上 直也) レッズ(代表 林 勇次郎)
委託事業契約団体 KANADE (代表 岡 隆一郎)
紙すき工作指導講師 西澤 浩美(木津町リサイクル研修ステーション)
おはなしとクラフト指導 図書館サークルおはなしポケット(代表 松本 也寿子)
カンテレと北欧の星コンサート・野外コンサートはチケット制 7月10日(水)より発売開始

次へ




相楽ねっと    2001年