◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2001年


京都府南部ニュース 2001年

特集「里の秋」府南部編

2001年9月13日配信

2001年のニュースの目次へもどる

◎秋本番が近い。秋は紅葉。紅葉の名所と言えば、哲学の道、永観堂、青蓮院、高台寺など。東山の秋の散策はやはり紅葉とライトアップだろう。だが、「京都南部」にこだわるこのニュースでは、「ここだけ」という名所、知る人ぞ知る「迷所」を紹介したい。「里の秋」にぴったりのところをピックアップした。

[1]正法寺・・京都府相楽郡和束町にある禅宗のお寺。石畳から山門までが特に美しい。まわりは、「茶畑」。これも見事な景観を成している。「座禅体験」も出来るとか。

[2]笠置山・笠置寺・・京都府相楽郡笠置町の太平記で有名な場所。笠置山に「紅葉公園」があり、ここから眺める夕日が最高だ。眼下の木津川は太古から変わらない。ここは、時間もゆっくりと流れている。

[3]浄瑠璃寺・・京都府相楽郡加茂町当尾にある名刹。別名「九体寺」。東方瑠璃光の薬師如来、西方浄土の阿弥陀如来その間に池を配した庭園は見事。ちょっと足を伸ばせば「岩船寺」がある。重文三重の塔の修復も終わりゆっくりとお庭を見ることが出来る。門前の「福田屋」さんの「焼き芋」が絶品!当尾一体の無人販売を梯子するだけでも楽しい。

[4]海住山寺・・同じく加茂町。かつての都「恭仁宮」をみおろす山頂にある弘法大師ゆかりのお寺。南天で知られ、厄除けのお寺でもある。国宝五重塔はコンパクトながら、威厳がある。山自体が色づくので晩秋がお薦め。麓の「恭仁宮」跡は、秋桜が咲き乱れている。別号で、恭仁宮のイベントを紹介するのでお楽しみに。

[5]和束町湯船森林公園一帯・・相楽郡和束町湯船地区。これは滋賀県信楽町へ抜ける途中の穴場。紅葉というより、全域が黄金色に色づく別世界。有料だがキノコ狩りも楽しめる。

[6]けいはんな記念公園・・相楽郡精華町。関西文化学術研究都市内最大の公園。観月楼、観月橋、巨石、池。自然を活かした見事な庭園は秋だけでなく、オールシーズン楽しめる。10月1日は「観月の夕べ」。先着1000名様無料で入園。月を愛でる風流なひとときが楽しめる。夕刻から。

[7]大正池周辺・・京都府綴喜郡井手町。府道で和束町へ抜ける途中に「有王」という地区がある。今夏「サマースクール」の会場となったところ。ここに、ため池「大正池」がある。ちょうど人間の掌のような形をした池。まわりの山が見事に色づく。井手町は毎年秋に「時代絵巻行列」を挙行。今年は公募もあるらしい。お問い合せは0774-82-2001井手町役場まで。

◎とりあえず、7カ所を紹介。今後も地域からの旬の「里の秋情報」をお伝えしたい。府南部の秋は長い期間楽しめる。初秋から晩秋、そして初冬まで。味覚にも事欠かない。栗、松茸、梨、ブドウ、イノシシ、キジ、柿・・・・。五感で楽しむ「里ま秋」はやはり京都南部がベストだ。

各地域の情報は役場で聞こう。
井手町役場・・・0774-82-2001
加茂町役場・・・0774-76-3611
笠置町役場・・・0743-95-2301
和束町役場・・・0774-78-3001
精華町役場・・・0774-94-2004

次へ




相楽ねっと    2001年