◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2001年


京都府南部ニュース 2001年

学研都市におこりそうなこと

2001年10月16日配信

2001年のニュースの目次へもどる

◎これからどんなことが南部に起こるのか・・・
2・3のネタをご紹介します。

◆「京都南部地域における大学生による政策コンテスト
ビジネスコンテスト」が動きます。
来年2月3日「けいはんなプラザ」で開催予定。
現在、木津川流域ネットワーク会議、(社)山城青年会議所、(社)システム科学研究所、大学生経営政策勉強会(MPI)、京都府などで実行委員会準備会を組織して、開催に向けた活動を始めています。
これへのスタッフ、実行委員会参画団体等を募集しています。
興味のある方は学研都市・業務電子メールまでご連絡ください。

◆けいはんな子どもサイエンススクールが本格稼働します。
学研都市全体を子どもサイエンスのメッカにし、こどもたちの科学する心、創造する心を育もうという取組が本格的に動きます。
近々予定していることは、「こどもサイエンスニュースの発行」「子どもサイエンスシンポジウムの開催」「学校で活用できる副読本の発行」などです。
将来は学研都市から「ノーへベル賞」を夢見ています。
来年度はもっと楽しい事業になると思います。
この取組にご興味のある方も上記メールへ。

◆学研都市が大きく「ブレイクスルー」しそうです。
「国立国会図書館関西館」「私のしごと館」が14年度相次いでオープン。
「知の世紀」といわれる21世紀に、学研都市が「知的存在感」を全国・世界に示す都市になりそうです。
上記の子どもサイエンスのパワーアップに加え、「きっづ光科学館ふぉとん」「CSK大川センター」「国際高等研究所」「同志社大学」「RITE」そして周辺の「加茂町プラネタリウム館」「井手町山吹天文台」などが、ガッチリとスクラムを組んで、子ども達を「サイエンス博士」にしようと頑張っています。
全国からの修学旅行や校外学習にとっても、けいはんなは「存在感」のあるまちになるでしょう。

◆国際会議やアートでも特色ある取組が起こりそうですよ。
関西文化学術研究都市という場と機能が最大限活きる取組が創出されます。
けいはんな全体が「知識・文化・産業のインキュベート」機能を持ったまちなんでしょう。
楽しみです。

次へ




相楽ねっと    2001年