◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2001年


京都府南部ニュース 2001年

まだまだ楽しい里の秋・全国的に珍しい「お茶供養まつり」でほっこりしましょう

2001年11月19日配信

2001年のニュースの目次へもどる

★この土日(17日・18日)に、京都南部を「ゆめっと京都・青年塾」の若者達と回った。
地域との交流が目的。
充実した2日間。
そのトピックを少し紹介。

◎府立山城郷土資料館では「京阪奈丘陵の今と昔」の特別展。
その後、1250年前の都「恭仁宮」へ。
青年達は自分の想像をはるかに越える歴史のロマンへ。

◎南山城村の童仙房地区では、地区を挙げての歓迎。
しいたけ(特産品)ずくしのもてなしに感激。
この地域での交流は「相楽ネット」に紹介されている。
http://souraku.net/dosenbo/index.html

◎和束町での茶香服は、超難問。
今回はプロでも迷う「玉露2品、煎茶3品」の品種と産地を当てるというもの。
僕は「宇治の玉露」と「八女の玉露」の区別がつかなかった。
キロ当たり2万円のお茶。
こんなに緊張してお茶を飲んだのは初めて。
「ほっこり」するはずの「お茶」で真剣勝負。
でも、お茶は奥が深い。
文化であり産業であり、生活でもある。

◎和束町の知られざる「特産品」注連縄づくりにチャレンジ。
「縄」をよる技術を身につけた若者が沢山誕生した。
私も「特技」が出来たと喜ぶ。
青柳は、藁で縄を編める人になった。

◎加茂町プラネタリウム館では参加者全員の星座投影。
その夜「しし座流星群」。
京都南部は晴れ。
僕は疲れて寝ていた。

◎きっづ光科学館ふぉとんは学研都市のお奨め施設。
若者達はバーチャリウムに感動。

★さて、沢山のお知らせの中で今回は全国的にも珍しい「お茶供養まつり」を紹介。
供養のための護摩木は茶の老木。
「役の行者」が開いたという由緒正しい「行場」として全国的に知られる鷲峰山「金胎寺」が会場。
京都府のお茶どころである「和束町」で開催されるこのお祭り、今年の「ほっこり納め」に是非参加したいものだ。
ではご案内を。

◇第5回お茶供養まつりとき: 11月23日(祝)ところ: 京都和束町 鷲峰山「金胎寺」お茶供養まつりのイベント情報

●ウォーキングラリー

●京都府和束町原山登山口9時30分スタート(約2.5km・1時間30分)南の「大峰山」に対して北の「鷲峰山」の霊峰を、東海自然歩道に沿って修験者と一緒に歩いて参加しましょう。
(途中、クイズに答えて商品を獲得できる。)
■参加料 無料
■小雨決行

●護摩焚き

●お茶の老樹を使った、珍しい「護摩木」で、お茶の木の供養と、それぞれの願を込めて、勇壮な護摩焚きを行います。
■護摩木(1口) 1,000円

●煎茶道体験

●京都府下最大の煎茶の産地「和束町の最高級煎茶」を使用した、煎茶道家元による、お茶席に参加しましょう。
(ウォーキング姿等ラフな服装で参加できます。)
■座料 無料(先着200名様限定)

●太鼓演奏

●和束町の太鼓演奏グループ「茶ildファミリー」による、和太鼓演奏

●かわらけ投げ大会

●それぞれに願をかけ、かわらけ投げに挑戦してください。
■参加料 無料(先着 100名様限定)

※交通
【大阪からは】 JR大和路線で加茂駅下車又はJR学研都市線木津駅でJR大和路線に乗換加茂駅下車
駅前よりJRバス近城線で原山バス停下車
(所要時間:約1時間30分)
【京都からは】 JR奈良線木津駅でJR大和路線に乗換、加茂駅下車
駅前よりJRバス近城線で原山バス停下車
(所要時間:約1時間30分)
☆金胎寺周辺には駐車場がありませんので、交通機関ご利用の上、原山バス停よりウォーキングラリーに参加されるか、シャトルバスをご利用ください。
宿泊はお茶供養まつり実行委員会事務局へお問い合わせ下さい。

主催/お茶供養まつり実行委員会((財)和束町活性化センター・JA京都やましろ和束町支店・和束町商工会・その他関係団体)協賛/ほっこりサークル後援/NHK京都放送局・京都新聞社・(社)京都府観光連盟・京都府茶業会議所・鰍ッいはんな・KBS京都・産経新聞社・JA京都中央会・鷲峰山(金胎寺)・ (社)全日本煎茶道連盟・奈良交通・奈良新聞社・西日本JRバス・マイタウン奈良(50音順)・ビタミンαミュージアム・新しい歴史に向かって走ろう和束住民運動推進協議会インフォメーション

■お問い合せ・お申込はお茶供養まつり実行委員会事務局
和束町商工会内
〒619-1212 京都府相楽郡和束町大字釜塚小字生水16-1
TEL 0774-78-3321FAX 0774-78-4030
E-mail:wazuka-sci@kyoto-fsci.or.jp
ホームページ:http://www.tomo.ne.jp/ocha/

次へ




相楽ねっと    2001年