◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

大川センター「CAMPワークショップ」が楽しい!
「ライフサイクルアセスメント」ってご存じ?
2/9の「サタデーふぅ」は「けいはんな子どもサイエンススクールの特集だよ

2002年2月7日配信

2002年のニュースの目次へもどる

(1)大川センターの「CAMP・ワークショップ」が素晴らしい。
関西文化学術研究都市に昨年4月オープンした、子どもたちの創造性や表現する力を育む拠点。
京都府などが推進している「けいはんな子どもサイエンススクール」にも参加。
地域とも連携した活動を展開している。
京都南部ニュースもCAMPを応援したい・・・・と、いうことで最近送られてきたCAMPニュースの一部をご紹介したい。
CAMP・ワークショップ、大川センターへの理解を深めていただき、多くの子ども達が、ものをつくることや表現することの楽しさ素晴らしさを感じてほしい。
以下ニュースから。

●CAMP情報
───────────────────────────────────
■1/26(土) 27(日) CAMPロボットコンテストワークショップ開催
MITメディアラボで開発された小さなコンピュータ「クリケット」を使って、ロボットを制作。
ワークショップの最後には、参加者全員でコンテストを行いました。
今回テーマは、制限時間30秒で、ゴールまでより正確に、そしてかっこよく、美しく、おもしろく?動くロボットの制作です。
こどもたちは、ロボットの動きを工夫するために、プログラミングを試行錯誤し、個性的なロボットの外観をつくりだすため、発光ダイオードや様々な素材をつかって、ロボット制作に取り組んでいきました。
こどもたちの作品は、CAMPのホームページ上で紹介しております。
是非、ご覧ください。
http://www.camp-k.com/museum/index.html

■いよいよ、クレイメーションワークショップをはじめます
2月23日(土)-24日(日)には、CAMPの新しいワークショップメニューとなる「クレイメーション(粘土アニメーション)」を開催します。
今回は米国キャピタル・チルドレンズミュージアムのジョッシュア・ムンテン氏をお招きして、2日間をかけて、クレイメーションづくりを行っていきます。
ストーリー作成から、粘土を使ってのキャストづくり、背景・セットの作りこみ、1コマづつの撮影、編集まで、参加者全員で協力しながら、ワークショップを通じて1本のアニメーション作品に仕上げていきます。
作品は、CAMPのホームページ上で公開する予定です。
どうぞお楽しみに!

■様々なメディアで取上げられています!
大川センターやCAMPの活動が、新聞、テレビをはじめ、様々なメディアで取上げられています。
CAMPのホームページで、それらの一部をまとめています。
http://www.camp-k.com/otona/otona_katsudou.html

───────────────────────────────────

●CAMPあれこれ
───────────────────────────────────
■リピーターCAMPでは、ワークショップを通じて、こどもたちにつくること、表現することの楽しさを体験してもらい、その中から自分にあった表現手段をみつけだしてもらうことを活動目的の一つとしています。
現在のワークショップメニューである「クリケット」と「ロボスポーツ」は、どちらもコンピュータを使ったプログラミングが大きな柱となっています。
これまでの参加者を集計すると、こどもたちの半分近くがリピーターとなります。
すでに3回以上参加したことのあるこどもも1割以上にのぼっています。
このなかで、コンピュータやプログラミングが自分にあった表現手段の一つであることを発見できたこどもがいればと思いながら、各回のワークショップを企画、運営しています。
2月からのクレイメーションワークショップを皮切りに、CAMPでは今後もワークショップのメニューを順次追加していく予定です。
「このワークショップで、またつくってみたい。
表現してみたい。」というワークショップを見つけられるように、様々な表現手段を体験できるように、2年目のCAMPに向けて準備をすすめています。
───────────────────────────────────

●CAMPワークショップスケジュール(2002年2月〜3月)
───────────────────────────────────
2/9(土) 13:30 - 16:00 ロボスポーツ
2/10(日) 13:30 - 16:00 ロボスポーツ
2/23(土) - 24(日) 10:00-16:30 クレイメーション(2日間連続)
3/9(土) 13:00 - 16:30 クリケット
3/10(日) 13:00 - 16:30 クリケット
3/23(土) - 25(月) 10:00 - 16:30 クレイメーション(3日間連続)

◎見学希望の方は、お手数ですがcontact@camp-k.comまでご連絡をお願いいたします。

───────────────────────────────────

★CAMPメーリングリストcamp-ml@camp-k.comのご案内
───────────────────────────────────
CAMPについて、また広くこどもや教育について自由に意見交換していただくことを目的にCAMPではメーリングリストcamp-ml@camp-k.comを運営しています。
メーリングリストへの登録は、contact@camp-k.com宛にご連絡いただくか、下記の方法にてお願いいたします。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

camp-ml@camp-k.comへの自動登録】
(1) camp-ml-subscribe@camp-k.com 宛にメールを送ります。
その際、Subjectと本文は不要です。
(2) メーリングリストサーバからSubjectが「ezmlm response」というメールが届きます。
このメールにそのまま(Reply-To:のアドレス宛に)返信します。
(3) もう一度、メーリングリストサーバからSubjectが「ezmlm response」というメールが届き登録完了した旨が通知されます。

メーリングリストからの脱退は
(1) camp-ml-unsubscribe@camp-k.com 宛にメールを送信します。
手順(2),(3)は登録の場合と同じです。

***********************

(2)京都商工会議所から「地球環境問題シンポジウム」のご案内です。
「LCA・ライフサイクルアセスメント」を知るには絶好の機会。


★地球環境問題シンポジウム


『持続可能な循環型社会の実現に向けて』
〜LCA(ライフサイクルアセスメント)の導入が企業の未来を開く〜
〜ゆりかごから墓場まで〜

「LCA」とは、製品を製造するために必要な資源の採掘から廃棄まで、製品のライフサイクルを通じて使用される資源やエネルギー、排出物を定量し環境への影響を評価する手法であり、環境に関するあらゆる場面での活用が可能で、これからの企業活動、また市民の生活に欠かせない重要な指針です。
京都商工会議所では、下記の通り「地球環境問題シンポジウム」と題し、LCA導入促進をはかるシンポジウムを開催いたします。
21世紀は「環境の世紀」といわれています。
この機会にLCAをいち早く理解し、自社経営への導入を検討してみませんか。
多数のご参加をお待ちしています。

日 時:2002年2月21日(木)13:00〜16:30
場 所:ぱ・る・るプラザ京都 大会議室A(5階)(京都駅前北東 075-352-7444)
主 催:京都商工会議所、日本商工会議所 「経済産業省委託事業」
後 援:京都府、京都市、(株)京都新聞社、(株)京都放送(予定)
参加費:無料

内 容:

◆第1部-基調講演「持続可能な発展の鍵-LCA-」
講師:独立行政法人産業技術総合研究所/ライフサイクルアセスメント研究センターセンター長  稲 葉  敦 氏

◆第2部-特別講演「企業におけるLCAの取り組み手法について」
講師
(1)東京大学生産技術研究所 教授 安 井  至 氏
(2)(株)リコー副理事・技師長社会環境本部長  谷  達 雄 氏

◆第3部-パネルディスカッション「LCAはなぜ企業に必要なのか-LCA積極導入のすすめ-」
コーディネーター:郡 嶌  孝 氏(同志社大学経済学部 教授)
パネリスト:安井 至氏(東京大学生産技術研究所 教授)稲葉 敦氏(ライフサイクルアセスメント研究センター長)米光徹志氏(トヨタ自動車(株) 環境部 担当部長)吉田 陽氏(宝酒造(株) 環境部長)大西 宏氏(松下電器産業(株) くらし環境開発センター リーダー)

<お問い合せ>京都商工会議所 産業部 地域開発課TEL:075-212-6431 FAX:075-255-1985
インターネット、メールでもお申込みいただけます  http://www.kyo.or.jp/kyoto/

***********************

(3) 2月9日土曜日の京都府広報番組「サタデーふぅ」は関西文化学術研究都市の新しい風「けいはんな子どもサイエンススクール」を紹介。
京都南部ニュースで紹介した「大川センター・CAMP」も取材。
地球環境産業技術研究機構、きっづ光科学館ふぉとんを木津町の子ども達が訪問し、実際に「サイエンス」に触れてみる。
子ども達の自然な反応が楽しい。

◆日時:2月9日(土)午前11時〜

◆放送局:KBS京都テレビ

◆番組名:「サタデーふぅ」司会:ジェフ・バーグランド(彼は少林寺拳法の有段者ですよ。)
★見てね!!

次へ




相楽ねっと    2002年