◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

「神々の園」井手町の神々が語る
「エジソンの実験工房」が始まる

2002年3月1日配信

2002年のニュースの目次へもどる

◎「神々の園」という番組が話題になっている。
このニュースでも以前取り上げたが、作り手のこだわりが伝わってくる粋な番組と言える。
早速だが、3月1日(金)は、京都府綴喜郡井手町の「神々」を取り上げる。
京都府商工会連合会と府内各市町村の商工会が取り組んだこん身の作品。
たまたま商工会連合会の大西課長・・顔は怖いが心は優しい・・に会って、「井手町もいよいよ放送になるで!」と教えてもらった。
井手町の神々は面白そうだ。
JR奈良線沿線は歴史とロマンの宝庫。
「奈良線」という名前がピンと来ないがいっそ「山背線(やましろ)線」とか「京(みやこ)線」とか、あるいは「山城歴史鉄道」とか愛称をつけて、沿線をアピールする方法もあるだろう。
出張で利用するが、外国人の旅客も多い。
途中下車してくれそうな「駅名」も工夫してはどうか。
先日、JR奈良線フォトコンテストが開催され多くの作品が寄せられた。
それを見ていると沿線が実に表情豊かで魅力的かが分かる。
さて、本題の番組は次の放送局からオンエアされる。
ただし、関西の人だけ。

●KBS京都テレビ

●3月1日(金)午後10時45分

●番組名「神々の園」

**************************************

◎「エジソンの実験工房」が始まる。
場所は「きっづ光科学館ふぉとん」。
昨年7月関西文化学術研究都市(京都府相楽郡木津町)に出来た、光をテーマとする我が国初めての科学館。
この科学館が春休みに子どもたちに素敵なイベントをプレゼントしてくれた。
エジソンと京都とのご縁はご存じのとおり「竹」。
白熱電球のフィラメントの素材として京都の竹が使われたのはあまりにも有名だ。
今回の企画ではその白熱電球を再現する実験イベントもある。
ワクワクしてくる。
先日、ふぉとんの館長永井先生に「蓄音機」を体験させてもらった。
永井先生は科学者だが、子どもが興味をもてそうな楽しい実験や工作を沢山企画中。
「難しいことを青少年に楽しく分かりやすく伝えていくのも重要な役目」と科学者の目がキラリと光る。
僕も子ども時代の好奇心が甦ってきたようになった。
やっぱり実験や工作や体験は五感に染みこんでくる。

●3月16日(土)〜31(日)ただし月曜は休館日。

●きっづ光科学館ふぉとん(京都府相楽郡木津町梅美台8-1)

●電話0774-71-3180
★期間中の3月21日(祝)は、親子や先生方に是非参加してほしいイベントがある。
けいはんな子どもサイエンススクールの親子・指導者向けセミナーとしても協賛実施される「お話と実験ショー」がそれ。

□お話→「夢を与えてくれたエジソン」 講師:立本三郎氏(京都男山エジソン協会会長)

□実験ショー→講師:きっづ光科学館ふぉとんスタッフ

会場はふぉとんに隣接する日本原子力研究所関西研究所多目的棟大ホール。
日時は3月21日午後2時〜3時30分。
入場無料。

次へ




相楽ねっと    2002年